自律神経失調症

自律神経の改善画像

  • 結婚して6ヶ月目位から不眠、頭痛、めまいが気になるようになって日々の生活にも支障が出てきた。
  • 友人の不幸をきっかけに、これまでこらえてきた不安感や落ち込み、倦怠感が一気に出てきて毎日横になる時間が多くなってきた。
  • 子育てや教育問題から、イライラしてよく眠れなくなり、肩は何かを背負っているように重く、頭痛がなかなか治らない。
  • 本や、インターネットで自分の症状を調べて不安になり病院へ行って、血液検査や脳のMRI検査をしても「特に異常なし」と言われ、睡眠促進薬や筋肉を和らげる薬を出されただけ。

自律神経失調症は、大きく分けて4つタイプがあります。

自律神経失調症(自律神経のバランスの不調)とひとことで言っても、ひとそれぞれ症状が違う場合、環境が違う場合、性格による場合など様々です。

そんな複雑な要因を含んでいる自律神経失調症は、医学会では4つのタイプ分類しています。

 

①本体性型自律神経失調症

生まれつき自律神経の調整機能が乱れやすい体質の人、低血圧や虚弱体質、または立ちくらみをしやすい人などに見られるタイプ。

体力的に自信のない人も、自律神経に変調をきたすことが多いといえる。

 

②神経症型自律神経失調症

心理的な要因によって自律神経の機能に不調をきたし、不定愁訴の症状があらわれるタイプ。

自分のからだの変調に敏感で、気にする人に多く見られる。神経症との境界線があいまいだが、身体的な所見が強く見られる場合によくあてはまる。

 

③心身症型自律神経失調症

自律神経失調症の約半分がこのタイプ。

日常生活のストレスが原因のため、症状の現れ方も程度も様々。喜怒哀楽の感情や疲労などのストレスを無理に抑えることにより、自律神経に変調をきたす。

 

④抑うつ型自律神経失調症

ストレスが慢性的に蓄積して、うつ状態の反応をきたすと、頭痛、腹痛、不眠、食欲不振などの身体症状もあらわれる。

抑うつ気分が、これらの症状に隠れて発見されにくいと、うつに対する適切な治療がなされないことになる。性格的にうつ状態になりやすいのは、几帳面、完全主義、執着心が強い、気分が沈みやすい、などの傾向のある人など

自律神経のバランス

自律神経失調症の症状は様々あり、からだと心、全身的と部分的に分けられますが、複数の症状があったり、症状が変わって出現することも多いです。

 

あなたに当てはまる症状がありますか?

複数当てはまり、症状が数週間つづいていたら自律神経失調症の可能性が高いです。

 

全身症状

倦怠感、疲れやすい、めまいがする、微熱の継続、フラつく、からだのほてり、食欲不振、不眠・睡眠障害、起床時の不調など。(更年期障害症状)

 

精神症状

不安、恐怖感、イライラ、怒りっぽい、落ち込み、集中力低下、やる気低下、些細なことが気になる、記憶力・注意力の低下、すぐ悲しくなるなど。

 

部位的症状

頭痛・頭重、耳鳴り・難聴、疲れ目、ドライアイ、手足の冷え、手足のほてり、手足のしびれ、肩こり・痛み腰痛、多汗、汗が出ない、皮膚の乾燥・かゆみ、便秘・下痢、月経不順、月経困難症不妊症など。

 

自律神経失調症は4つのタイプがあります

自律神経とストレスの関係

あなたが不調じるようになった時期に、こんなストレスはありませんでしたか

  • 夫や妻、父親や母親など家族に不幸があった。
  • 家族が介護生活になった。
  • 仕事が多忙で平均睡眠時間が6時間を切っている。
  • 会社仕事で異動があった。
  • 会社での人間関係、業務上のトラブルがあった。
  • 引越しをした。
  • 進学・就職した。
  • 家族や周りに、常にネガティブな人がいる。
  • 家族内でDVなどのトラブルがある。
  • 好きな人やペットとの突然な別れがあった。

生活をしていると、様々ストレスまれるものです。

そんなストレスケアできず、あなたのキャパシティー(許容量)えてしまうと、自律神経バランスれて不調こされるリスクまります。

 

ユナイテッド治療院の施術&設備紹介

30年間悩んでいた自律神経失調症が改善して人生方向転換しました。

Q、当院に来られた時のお悩み、症状はどのようなものですか?

A、常に体調が悪くて疲労感がひどく、日常生活を送ることも生きている事もしんどくて、苦しみました。

 

Q、通院されて、お悩みの症状はどのようになりましたか?

A、施術を受ける度に、体調が良くなって疲労感も減って、良く動けるようになって、お陰様で気分まで軽くなりました。

生きることもつらいと思っていましたが、今は全く無くなり楽になりました。

 

Q、同じような症状でお悩みの方に、メッセージをお願いします。

A、治せないと思って30年間悩んでいた自律神経失調症が良くなった事は、私の人生方向転換したと言えます。是非おすすめしたいです。

 

徳田 明美様 八王子市在住 58歳 女性 自営業

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

自律神経失調症の患者さんの自律神経データ事例

自律神経失調症を訴えて来院した患者さんの初日の良導絡自律神経データです。

平均値(ミドリ線)はかなり低めで、基礎体力や免疫機能が大分低下しているようでした。

 

患っている期間が20年以上と長いので無理もないですね。

データの中で、特に気になるのが大腸経、胆経、胃経の数値の低さです。

 

大腸経の関連臓器は、当然ながら大腸です。

腸は、第2の脳と言われるほど大腸・小腸ともに重要な臓器であり体調を維持するのに調整が必要な臓器です。

主な症状としては、

肩コリ、便通異常(下痢・便秘・腹が鳴る)

皮膚の異常(あれや乾き)

口の中の異常、喉の痛みや乾きの異常などです。

 

胃経の関連臓器は胃です。また良導絡では精神も司ると考えます。関連部位としては、咽喉、口(口唇)、歯、乳腺、関節(骨格)などです。

主な症状としては、

肩コリ、便秘、胃部膨満感

食欲不振、腹が鳴る

あくびがよく出る、ゆううつ

口唇の乾き、悪寒などとなります。

 

初回施術の内容としては、全体的に数値を引き上げることを考えながら、特にこの3つの経絡に関連深い胃腸の調整が必要と考えて施術を行いました。

«