起立性調節障害

起立性調節障害

  • 1週間、学校を休んでしまいました。 ダルくて動けないし、フラフラするし、中学の時と比べてもひどいです。
  • 朝は血圧を上げる薬を飲んでも起きれません。毎日学校には遅刻です。 ちゃんと行けたのは二学期はまだ3日ぐらいしかありません。
  • 中3で今別室登校をしています。 私は起立性調整障害という病気で朝が起きれなく、中1のときは三時間目が始まる頃に遅刻して教室へ行っていました。
  • 実際朝起きるのが辛く、学校へ行くとなったら、頭痛、腹痛...と。 それで、母に言っても、「学校へ行きなさい」と言われ、毎日渋々学校へ行き、ひどい時では、登校中に吐き気に襲われ、帰ってくるときもあります。

こういった悩みを持たれているあなたは、根性がない訳でもなく、考えが甘い訳でもなく、ましてや人間として失格なんてことは、断じてありません。

 

起立性調節障害は、周りの人からは「怠け病」とか、なかなか理解されない場合もありますが、これは自律神経の乱れが引き起こす、自律神経失調症の一つであり、、れっきとした疾患です。

自律神経というのは、からだを動かす運動神経とは違って、意識せず自動的にからだをコントロールして、生命の維持を担うオートマチックな神経のことです。

 

コントロールの中心部は脳の中にあります。

温度や血圧、呼吸や心拍、消化やホルモン分泌など様々な情報をもとに脳で処理して自律神経に伝達します。

 

自律神経には2つの種類があって、交感神経と副交感神経といいます。

副交感神経という名前がついていても、交感神経のサブ的な立場ではありません。

相対する作用を持った神経と考えてください。

 

交感神経は、行動的な状態で優位になります。別名ファイト神経と呼ばれます。

副交感神経は、休息や食事などの際、優位になります。別名リラックス神経と呼ばれます。

 

この2つの神経は、シーソーのような関係で、1方が上がれば、1方が下がるという働きでバランスを取っています。

 

両方の神経が上がりっぱなし、または下がりっぱなしということはありません。

 

交感神経と副交感神経は、一日の中で波のように上がり下がりをバランスよく行うことで、日常生活を快適に過ごせるよう設定されています。

 

例えば、昼間の日中は仕事をしたり、動いたり行動的な時間が多いので、交感神経が優位に働いています。

日が沈んで次第に夜になるにつれて、交感神経は下がり始めて副交感神経が優位になってきます。

 

夕食を食べたり、入浴したり、テレビを見たりしている時は、副交感神経が優位になってリラックスして、1日の終わりとして就寝します。

 

また、副交感神経が優位の時にからだの回復機能・免疫力が働きます。

副交感神経が優位になる時間が少ないと、からだの回復が遅れたり免疫力が低下していきます。

 

副交感神経はからだの回復能力と関係が深く、それは質の良い充分な睡眠と関係しています。

 

このバランスが乱れる、多くは交感神経が優位になりっぱなしで過敏になってしまう時間が長いと、自律神経失調症となり、様々なからだの不調が現れてきます。

 

起立性調節障害は思秋期の特に女子に多い

起立性調節障害は思秋期の中学生や高校生の女子学生に多いのが特徴です。

 

日本の中学生の約10%が悩まれているという報告もあります。

 

起立性調節障害には、大症状と小症状に分類されて、医師が診断する際の基準となっています。

大症状とは?

  • 朝起きられない、立ちくらみやめまいがする
  • 立ちっぱなしでいると、気分が悪くなって倒れる場合がある
  • お風呂に入っているときに、気分が悪くなる
  • 嫌なことを見たり、聞いたりすると気分が悪くなる
  • あまり動かなくても、動悸や息切れを感じる
  • 目覚めや寝起きが悪く、午前中調子が悪い
  • 夜なかなか寝付けない、ぐっすり眠れない

小症状とは?

  • 顔色が悪い(青白い)ことが多い
  • あまり食欲がない、食べると気持ちが悪くなる
  • お腹が痛い時が多い(下痢など)
  • 疲れやすい
  • 頭痛がおきやすい
  • 車や電車、飛行機などで乗り物酔いをする

なぜ、自律神経が乱れると朝起きれない、疲れやすくなるのか?

自律神経が乱れるということは、交感神経が優位になっていて肉体的・精神的にリラックスできていない状態ということです。

 

夜になって、寝ようとしてもなかなか寝付くことができず、寝たなと思っても実は脳までグッスリ休むノンレム睡眠の状態になかなかなれず、夢をよく見るようなレム睡眠状態で、チョットしたことで目が覚めたりする浅い睡眠しかとれません。

 

また、そんな状態が続くと血流も悪くなり、血流が悪くなれば血液が運ぶ酸素の量も少なくなって、酸素を一番必要とする脳に影響が出てしまい、ホルモンのバランスなども乱れがちになって、動悸や貧血を招いたり、その他の症状が出てきても不思議ではなくなります。

 

全身的にも緊張状態がほぐれず、疲れた状態が改善していかないものです。

また、交感神経が優位の時は、血管も収縮して血流も悪くなって筋肉や内臓にも酸素不足が起こり、倦怠感や立ちくらみ、めまいなどを引き起こしやすくなるのです。

その1 岩盤浴療法で血流促進

岩盤浴の遠赤外線効果によって、ヒートショックプロテイン(免疫タンパク)を増やしながら、身体の内側から温めて低体温改善血流促進させます。

その2 カイロプラクティック&古式整体術で骨格調整、筋肉の緩和

整体術は、カイロプラクティック、古式整体術、PNFストレッチなどを活用し、骨格調整や筋肉を緩和させて、各所のコリ、痛みの症状をはじめ、身体の血流不全改善させます。

その3 自律神経を測定して鍼灸治療などで調整

鍼灸治療を中心に、良導絡自律神経調整療法24ヶ所のツボの流れ(経絡)での自律神経を測定して不調の原因を確認しながら、鍼灸治療で調整していきます。

その4 高気圧酸素BOX療法

酸素BOXを使った高気圧酸素療法によって普通の呼吸では取り込めない溶解型酸素(通常の呼吸時より小さい酸素)を身体に大量に取り込めます。

細胞のエネルギー源である酸素が、身体の隅々の細胞に行き届くことによって、酸素不足 解消されて、新陳代謝(細胞の生まれ変わり)が促進され、ストレス体質改善が進みます。

長引く悩みは血流の不調からかも

ユナイテッド治療院を動画でご紹介

起立性調節障害の患者さんの自律神経データ事例

病院で「起立性調節障害」と診断された中学生の初診時の自律神経データです。

自律神経測定データを見ると、ミドリ線で表す平均数値が低く基礎体力や基礎代謝機能が低下し疲れが溜まっている状態でした。

 

気になる経絡(ツボの流れ)としては、肝経がやや興奮気味で、胆経がやや低下している点です。

 

肝経の自律神経の乱れでは関連症状として、

・筋肉のこりや痛みが腰や肋間・頚背部に出ます。

・不眠(寝不足)や寝つきが悪い。

・婦人科(月経)の異常などです。

 

胆経の自律神経の乱れでは関連症状として、

・めまい、立ちくらみ。

・目の疲れや衰え。

・筋肉の低下で足腰の衰えを感じる。などです。

 

患者さんの自覚症状と照らし合わせ治療経絡の優先順位を見極めながら、全体的な数値の底上げをしていくことが重要だと考え施術を行いました。

1、早期改善型

1、早期改善型

測定した自律神経データの乱れは少なく、平均値(ミドリ線)がそれほど低下していない比較的短期間で改善が期待できるタイプ。

治療難易度 ★★★☆☆

2、疲労困ぱい型

2、疲労困ぱい型

測定した自律神経データの平均値(ミドリ線)がかなり低下した、心身共に疲労が溜まっていて自律神経が活性していないタイプ。

治療難易度 ★★★★

3、高ストレス陰陽逆転型

3、高ストレス陰陽逆転型

過重労働、パワハラ、モラハラ、DVなど高ストレスによって測定した自律神経データのバランスが逆転しているタイプ。

平均値(ミドリ線)が低下していれば心身疲労も蓄積している。

治療難易度 ★★★★

4、薬物カモフラージュ型

4、薬物カモフラージュ型

不調が薬物でカバーされて測定結果に表れてこない。長年薬を服用していて依存の状態が慣例化してしまっている厄介なものです。

どこかで決心しないと一生薬物に依存しなければならない人生になりかねません。

治療難易度 ★★★★★

*あなたの不調は何個ありますか?(>_<)

当院へ来院される患者様の不調平均数は5症状(最高20症状)

あなたを改善・変化に導く3要素

自律神経の乱れは心身の不調から引き起こされるものだと私は治療を通じて感じます。

そんな治療の経験から自律神経の不調を改善・変化に導く大事な要素は3つあると思っています。

 

その1 継続

勉強、スポーツ、習い事、趣味、仕事など、何事も何か目標を達成しようと思った場合、ある程度の期間継続してやってみなければ実現できないことは、すでにわかっていますよね。

治療も同じで3日坊主ですぐあきらめたり、中途半端な気持ちで取り組んでも良い結果が起こることはありません。

 

その2 自愛

治療をしていくと、少しずつ良い変化に気づくことでしょう。

その時に是非自分を褒めましょう。

「いいぞ、いいぞ」「その調子、その調子」

といったように少しの変化でも喜んで、自分の可能性を信じてください。

そうすると脳が「喜びを感じるならもっと、良くしてみよう」と働き出します。

 

その3 ラポール(信頼関係)

私は、医師ではないので、薬や手術で治療はできません。

自分の手を使い、鍼やお灸等道具を使い施術します。

でも、本当に大事なのは「気」なのです。

だって病院に行って、薬で良くならない症状を何とかするには、人間と人間の気持ちの関係が最も重要なのだと私は信じています。

この人を「治してあげたい」「笑顔で帰ってもらいたい」という気持ちで施術される患者さんになってください。その方がお得です。

別に難しいことではなく、きちんと挨拶されて、約束を守り、術後に「ありがとうございました」感謝の言葉を忘れない普通の礼儀・マナーをわきまえた患者さんは、人としても素敵に思います。

そんな患者さんには自然と心から応援して精一杯治療する「気」になるものです。

アドバイスその1

自分と同様な症状の治療例があるのか?

症状別ページ患者様の声を見て確認すると心強くなります。

アドバイスその2

どんな治療をするのか不安だな?

と思いならば施術内容のページを見るとイメージしやすいでしょう。

アドバイスその3

・治療時間はどのくらい?

・治療の料金はいくらなのか?

・駐車場はあるのか?

など聞いてみたい事は、まず「よくある質問ページ」を見て確認してください。

アドバイスその4

治療はいつ受けられるのか?

完全予約制なので、まず「予約状況ページ」を見て空き状況を確認してから、1番はLINE、次に問合せメールでの連絡がありがたいです。

一人治療院なので電話の際、治療中の場合があるので、HPをよく読んでから電話してください。

~薬に頼らない健康なからだを目指す~
自律神経専門治療院
ユナイテッド治療院 院長 市原 祐之

«
»