頭痛(偏頭痛・群発頭痛)

頭痛でお悩みの方は、日本では約3000万人もいるといわれます。

これは、成人の4人に1人の割合で、頭痛のなかでも片頭痛は、約850万人もいると推定されています。

こんなにたくさんの方が頭痛で苦しまれているのに、病院で治療を受ける方は数パーセントしかいません。

 

多くの人は、自分でなんとかしようとしているようです。

その代表が、市販の頭痛薬を服用することなのです。

頭痛には、善玉と悪玉がある

頭痛は、1988年発表の国際分類で頭痛の種類が分類されています。

たくさんの種類の頭痛があるなか、大きく分けると「善玉頭痛」と「悪玉頭痛」に分けられます。

 

善玉頭痛とは、「頭痛もち」の方の頭痛で、正式には「機能性頭痛」といいます。

この機能性頭痛は、片頭痛、緊張性頭痛、群発頭痛の3兄弟があり、片頭痛は吐き気を伴うズキズキ頭痛、緊張性頭痛は頭が重く感じるタイプで、群発頭痛は数時間の片目の激痛がほぼ毎日あるのが特徴の頭痛です。

 

悪玉頭痛とは、原因のある頭痛で、なかには命の危険が潜んでいる場合もあります。

悪玉頭痛は正式には「症候群頭痛」といい、「脳の病気によるもの」、「全身の病気によるもの」があります。

 

頭痛がなかなか収まらず、日に日に痛みが増すようでしたら、絶対に病院へいきましょう。

頭痛の種類

Ⅰ、頭痛もちの頭痛(善玉頭痛)

  • 片頭痛(ズキズキタイプ)
  • 緊張型頭痛(頭重タイプ)
  • 群発頭痛(片目あたりがすごく痛むタイプ)
  • その他(アイスクリーム頭痛など)

Ⅱ、外科的治療の対象となる頭痛(悪玉頭痛)

  • 頭部のケガによるもの(慢性硬膜下血腫など)
  • 血管障害によるもの(くも膜下出血など)
  • 頭蓋内疾患によるもの(脳腫瘍など)

Ⅲ、内科的治療の対象となる頭痛

  • 原因物質があるもの(アルコール中毒、二日酔いなど)
  • 感染症によるもの(風邪による頭痛など)
  • 代謝障害によるもの(一酸化炭素中毒による頭痛など)

Ⅳ、その他の症候性頭痛

  • 眼、耳、鼻、口腔疾患によるもの
  • 神経痛、帯状疱疹(ヘルペス)
  • 分類できない頭痛

緊急性の高い頭痛

手術が必要な頭痛の代表が、「くも膜下出血」、「脳腫瘍」、「慢性硬膜下血腫」の3つです。

その中でも最も緊急性が高いのが、「くも膜下出血」です。

 

くも膜下出血を起こした時の特徴は、後頭部を野球のバットで殴られたような激しい痛みを感じるようです。そしてそのあまりにも突然の衝撃で、その頭痛が起きた時刻をよく覚えているそうです。

 

このような、衝撃的な頭痛を覚えた時は、夜中でも病院へ行くようにしましょう。

「明日まで、様子をみてから」なんて考えていたら、明日が来ないで人生の幕を下ろすようになるかもしれませんよ。

その1 岩盤浴療法で血流促進

岩盤浴の遠赤外線効果によって、ヒートショックプロテイン(免疫タンパク)を増やしながら、身体の内側から温めて低体温改善血流促進させます。

その2 カイロプラクティック&古式整体術で骨格調整、筋肉の緩和

整体術は、カイロプラクティック、古式整体術、PNFストレッチなどを活用し、骨格調整や筋肉を緩和させて、各所のコリ、痛みの症状をはじめ、身体の血流不全改善させます。

その3 自律神経を測定して鍼灸治療などで調整

鍼灸治療を中心に、良導絡自律神経調整療法24ヶ所のツボの流れ(経絡)での自律神経を測定して不調の原因を確認しながら、鍼灸治療で調整していきます。

その4 高気圧酸素BOX療法

酸素BOXを使った高気圧酸素療法によって普通の呼吸では取り込めない溶解型酸素(通常の呼吸時より小さい酸素)を身体に大量に取り込めます。

細胞のエネルギー源である酸素が、身体の隅々の細胞に行き届くことによって、酸素不足 解消されて、新陳代謝(細胞の生まれ変わり)が促進され、ストレス体質改善が進みます。

ユナイテッド治療院の施術&設備の紹介

あなたの頭痛は、自律神経の乱れが原因かもしれません!

▲この良導絡自律神経データは、頭痛、吐き気、肩こり、耳鳴りを訴えていた20代半ばの男性の方のデータです。

 

このデータからは、小腸経という経絡(ツボの流れ)の自律神経が影響して、頭痛(時に片頭痛)、頭重、耳鳴りまでも表示しています。

 

また、後頚部(首の後ろ側)のコリというのは、肩こりや緊張性頭痛を引き起こす要因になります。

 

グラフでは、小腸経の自律神経のデータが左右(L・R)で差があるのがわかりますが、これはまさしくこの小腸経が通る腕から肩そして首につながるルートにコリや炎症があることを示しています。

1、早期改善型

1、早期改善型

測定した自律神経データの乱れは少なく、平均値(ミドリ線)がそれほど低下していない比較的短期間で改善が期待できるタイプ。

治療難易度 ★★★☆☆

2、疲労困ぱい型

2、疲労困ぱい型

測定した自律神経データの平均値(ミドリ線)がかなり低下した、心身共に疲労が溜まっていて自律神経が活性していないタイプ。

治療難易度 ★★★★

3、高ストレス陰陽逆転型

3、高ストレス陰陽逆転型

過重労働、パワハラ、モラハラ、DVなど高ストレスによって測定した自律神経データのバランスが逆転しているタイプ。

平均値(ミドリ線)が低下していれば心身疲労も蓄積している。

治療難易度 ★★★★

4、薬物カモフラージュ型

4、薬物カモフラージュ型

不調が薬物でカバーされて測定結果に表れてこない。長年薬を服用していて依存の状態が慣例化してしまっている厄介なものです。

どこかで決心しないと一生薬物に依存しなければならない人生になりかねません。

治療難易度 ★★★★★

アドバイスその1

自分と同様な症状の治療例があるのか?

症状別ページ患者様の声を見て確認すると心強くなります。

アドバイスその2

どんな治療をするのか不安だな?

と思いならば施術内容のページを見るとイメージしやすいでしょう。

アドバイスその3

どのくらいで良くなるのか?継続治療の料金はいくらなのか?

など聞いてみたい事は、まず「よくある質問ページ」を見てみましょう。

アドバイスその4

治療はいつ受けられるのか?

完全予約制なので、まず「予約状況ページ」を見て空き状況を確認してから問合せメールLINE、電話で連絡しましょう。

~薬に頼らない健康なからだを目指す~
自律神経専門治療院
ユナイテッド治療院 院長 市原 祐之

«
»