生理痛

当院で行う月経困難(生理痛)の施術とは?

鍼灸師の先生で、婦人科疾患を行う方であれば、皆さんそう困難な治療だとは思われていないのではないでしょうか?

私もこれまで、生理痛を訴える患者さんを治療してきて、まったく効果が無かったと言われた記憶がありません。

ただし、ある程度の治療期間は必要です。

生理周期と治療間隔の関係がありますが、私の最短の患者さんは2回目(2週間)程の治療後にちょうど生理が始まりましたが、これまで悩まされていた生理痛がまったく無かったと驚かれた方がいました。

 

さて、その治療方法ですが、東洋医学では人間が健康に生きる為の要件として氣(き)血(けつ)津液(しんえき)が重要な概念としてあります。

 

氣(き)とは・・・・・・「エネルギー」 動かしたり伝達するエネルギーと思ってください。

血(けつ)とは・・・・「血液」 血液には様々な栄養素や酸素、免疫機能も含まれています。

津液(しんえき)・・「水分」血液以外の身体の中にある様々な液体成分と思ってください。

 

月経困難症(生理痛)の場合、が大いに関わっていると私は思っています。

氣や血が、弱っていたり、足りなかったり、詰まっていたり、冷えていたり等と考えて、調整していくのです。

 

詳しく東洋医学を解説するのは難しいので、よく使うツボの流れ(経絡)を言いますと、

腎経、膀胱経、脾経、胃経、任脈、などを常時利用していると思います。

身体の場所で言うと、

背中、腰、足、お腹のへそ近辺って感じでしょうか。

ユナイテッド治療院の治療方法を動画で紹介

良導絡自律神経療法による施術

問診などで自覚症状をお聞きした上で、当院では自律神経の数値を調べて調整していきます。

これが、良導絡自律神経療法です。

▲この良導絡データ画像は、以前不妊治療を行っていた患者さんのデータです。

治療の当初は生理痛のお悩みがありました。

 

生理が近づくと皆さん、大体良導絡の数値が下がります。

そして、生理痛がある方は特に腎経という経絡の数値が下がるようです。

 

そういった、弱点の経絡を調整していくのが、良導絡自律神経療法です。

調整方法は、鍼、お灸を中心に最近では、ホットストーンなども使います。

この方は、その後継続的に治療を進めていくに連れて、

生理痛の無くなった自分の体調に驚かれていました。

患者さんに納得される治療法へのこだわりがあります!

問診で患者さんの自覚症状をよくお聞きした上で、良導絡で客観的な自律神経の状態を調べ、最後は私自身の目や指の感覚を中心に五感を交えて、その時々の最良の施術を選んで行っていきます。

 

 

また、施術前には岩盤浴の遠赤外線効果によって、身体を芯から温めてから施術を行い、施術後には最後の仕上げとして酸素BOXにお入りいただき、施術効果の向上・持続ができるものと思っています。

これが、他には体験できない当院のこだわりの治療方法です。

施術料金

«
»

同じ症状で悩むお客さまの声

生理痛も冷えも改善できました!

不妊、首から肩のお痛み、冷え、胃痛で来院しました。

治療して短期間で、生理痛がすごく楽になりました。冷えもどんどん気にならなくなり、治療後は首も胃もすっきり楽になります。

目のツボに針をしてもらうと視界が広がりすっきりしてびっくりしました。
顎関節症で口が開かないと伝えるとそのツボに針をしてくれて口の開きが良くなり嬉しかったです。

毎週治療してもらうのが楽しみになりました。

 

 

32歳  女性 会社員(web関連)

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

生理痛がなくなり、妊娠できました。

生理痛、生理不順、不妊で困って来院しました。

通院すると、生理痛がなくなり、妊娠もすることができました。

鍼の治療を受けてから、全く生理痛がなくなったので、私に合っていたのかなと思いました。

定期的に通う事で、先生からアドバイスを頂いたりできたのが良かったです。

37歳 女性

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。