肩こり(首のこり、重だるい)

肩こりの主な原因

今の社会では、パソコン、スマホ、デスクワーク等あまり身体を動かさず、また仕事中休憩もなかなか取れないことが多くなり肩こりを引き起こす要因が増えていくばかりですね。

 

肩こりというのは、首(頸部)から肩の上部(肩甲上部)、肩甲骨の間(肩甲間部)に及ぶ範囲のつまったような、こわばったような不快な感じを総称して言います。

 

肩こりは、日々の生活の中での単純な疲労として最も日常的にみられる症状ですが、頚椎疾患をはじめ、耳鼻科、眼科、歯科疾患、さらには内科疾患なら不定愁訴(更年期障害、自律神経失調症)にいたるさまざまな病気の主訴として訴えられることがあります。

骨、筋肉、腱、靭帯の疾患の場合

  • 肩関節周囲炎(五十肩)
  • 頚椎症
  • 頚腕症候群
  • 後縦靭帯骨化症
  • 寝違い
  • 脊椎腫瘍
  • 脊髄腫瘍
  • 頚椎捻挫(むちうち損傷)など

消化器疾患の場合

  • 胃炎
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 肝炎
  • 肝硬変
  • 膵炎
  • 胆石症など

心臓疾患、肺疾患の場合

  • 狭心症
  • 心筋梗塞
  • 高血圧
  • 心不全
  • 肺ガン
  • 肺気腫など

眼科疾患、耳鼻科疾患、歯科疾患

  • 眼精疲労
  • 緑内障
  • 不適合な眼鏡使用
  • 副鼻腔炎
  • 中耳炎
  • 顎関節症
  • 不正咬合
  • 歯槽膿漏

自律神経、精神疾患、その他

  • 自律神経失調症
  • うつ病
  • 仮面うつ病
  • 精神的ストレス
  • 更年期障害
  • 胸郭出口症候群
  • 緊張性頭痛
  • 糖尿病
  • なで肩
  • 猫背
  • 首の極端な長短など

注意を要する肩こり

  • コリや痛みが頑固で、なかなか良くならない
  • 動悸や息切れをともなう
  • せきやたんが出て、息をするのが苦しい
  • 微熱や食欲不振をともない、疲れやすく、しだいにやせてくる
  • とくに左肩がコリ、胸の痛みやしめつけ感、重くしい感じがある
  • コリや痛みに加えて、手にしびれがあり、日増しに強くなる
  • 天井を見る動作をすると首の後ろや腕に痛みやしびれが走る

注意を要する肩こりに紹介した症状に心当たりが一つでもあれば、病院へ行って検査をすることをお勧めします。

重篤な病気が隠れているかもしれませんし、病院の検査で気になる病気でないのが分かればそれはそれで安心して肩こり症の治療が継続できます。

肩こり症に関係深い筋肉

僧帽筋

僧帽筋は、首から肩、背中の中間まで広い範囲に渡る筋肉です。

肩甲骨を引き上げたり、内転させたり肩を動かすのに大いに働く筋肉です。

肩がこる方には、必ずと言っていいいほど治療家ならばアプローチする筋肉です。

棘下筋

棘下筋は、肩関節つくる筋肉の一部です。

患者さんご本人はまず触れることができない筋肉で、ご家族で肩こりだからといって、揉んだりマッサージしてもらってもこの筋肉に触れることはあまりないでしょう。

この筋肉は、腕を外側に動かしたりするときに肩に働く筋肉です。

肩こりの場合だけでなく、五十肩の時などもよく治療でアプローチする筋肉です。

菱形筋

菱形筋は実は大・小ありますが、まとめて菱形筋ということが多いです。

この筋肉も、肩甲骨を様々動かすために働く筋肉です。

肩甲骨の内側と脊椎(背骨)につながっていて、僧帽筋の下にある筋肉なので、整体術などでは直接触れることが困難な筋肉ですが、鍼治療などではこの筋肉を狙って治療することはよくあります。

その1 岩盤浴療法で血流促進

岩盤浴の遠赤外線効果によって、ヒートショックプロテイン(免疫タンパク)を増やしながら、身体の内側から温めて低体温改善血流促進させます。

その2 カイロプラクティック&古式整体術で骨格調整、筋肉の緩和

整体術は、カイロプラクティック、古式整体術、PNFストレッチなどを活用し、骨格調整や筋肉を緩和させて、各所のコリ、痛みの症状をはじめ、身体の血流不全改善させます。

その3 自律神経を測定して鍼灸治療などで調整

鍼灸治療を中心に、良導絡自律神経調整療法24ヶ所のツボの流れ(経絡)での自律神経を測定して不調の原因を確認しながら、鍼灸治療で調整していきます。

その4 高気圧酸素BOX療法

酸素BOXを使った高気圧酸素療法によって普通の呼吸では取り込めない溶解型酸素(通常の呼吸時より小さい酸素)を身体に大量に取り込めます。

細胞のエネルギー源である酸素が、身体の隅々の細胞に行き届くことによって、酸素不足 解消されて、新陳代謝(細胞の生まれ変わり)が促進され、ストレス体質改善が進みます。

ユナイテッド治療院の治療方法を動画で紹介

肩こり症の施術前自律神経の基本データ

この患者さんは、もともと不妊症の治療で来られた30歳女性の方です。

問診にて伺うと、小学生時代から肩こりに悩まされ、肩こりのない生活を経験したことがないと言われていました。

良導絡を測定したデータから、小腸経という経絡(ツボの流れ)が興奮していて左右差が大きいことがわかります。

これは、肩こり患者さんによく出てくるデータです。

小腸経は手の小指側から肘、肩、首まで繋がる経絡で、肩こり、五十肩、腕の痛み、頭痛などの症状がある場合によく反応が出てくる経絡です。

肩こり症治療後の自律神経データ

不妊症の治療を週に1度の間隔で治療を2ヶ月継続して、8回目に来院されて施術前に測定した良導絡データです。

肩こりの症状を示す小腸経のデータが緑色のライン(平均エリア)に近く、症状が改善していることがデータからわかります。

その後、肩こりはすっかり気にならなくなり、精神的にも安定するようになり、イライラも少なくなって、夫婦仲が良くなったとアンケートに答えていただきました。

その後、継続して不妊治療をしていって、アンケートを答えていただいた数ヵ月後に無事妊娠されました。

 

わずか2ヶ月で、首・肩のこり、背中の痛み、頭痛、睡眠中途覚醒が改善しました。

Q、当院に来られた時のお悩み、症状はどのようなものですか?

A、首・肩のこり背中の痛み頭痛体の冷え(低体温)睡眠中の中途覚醒など様々な症状で苦しんでいました。(+o+)

来院前は全身がゾクゾクして、足先が水の中にひどい冷えでしたが、初回の治療後に改善してびっくりしました。(^O^)

 

Q、通院されて、お悩みの症状はどのようになりましたか?

A、先生の言葉を信じて、週に1度のペースで通院するとわずか2ヶ月首・肩のこり、頭痛も大分楽になり睡眠状態も良くなりました。

 

これまで、何カ所も治療院などに行きましたが、どこも効果を感じられませんでしたが、こちらの治療院と出会えて心から感謝しています。

今では、「大丈夫、元気になる!」と思えるようになり、希望が見えてきました。

 

Q、同じような症状でお悩みの方に、メッセージをお願いします。

A、つらい症状で悩まれている方がいたら、何も心配せずこちらの治療を受けてみてください。

力を尽くして下さる先生が、迎えてくださいます。

N.M様 多摩市 54歳 女性 

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

不眠・肩こりが初回治療から改善を実感しました。

Q、同じような症状でお悩みの方に、メッセージをお願いします。

A、不眠肩こりが悩みで来院しました。

 

Q、通院されて、お悩みの症状はどのようになりましたか?

A、1回目の治療を受けた後、眠るのに時間が掛かっていたのが、数分で眠れるようになり、肩こりも治療後は軽くなりました。

通院していると、たまに眠るのに時間の掛かる日もありますが、次第に良くなってきました。

肩こりも通院する毎に良くなってきました。

 

 

不眠のストレスが、段々と減っていき、気持ちも軽くなってきました。

 

Q、同じような症状でお悩みの方に、メッセージをお願いします。

A、治療は継続が大切な事だと思います。

悩まれている人は、あきらめないで個人差はあるかと思いますが、私も少しずつ良くなってきました。

K.S様 34歳 女性 川崎市 会社員

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

アドバイスその1

自分と同様な症状の治療例があるのか?

症状別ページ患者様の声を見て確認すると心強くなります。

アドバイスその2

どんな治療をするのか不安だな?

と思いならば施術内容のページを見るとイメージしやすいでしょう。

アドバイスその3

どのくらいで良くなるのか?継続治療の料金はいくらなのか?

など聞いてみたい事は、まず「よくある質問ページ」を見てみましょう。

アドバイスその4

治療はいつ受けられるのか?

完全予約制なので、まず「予約状況ページ」を見て空き状況を確認してから問合せメールLINE、電話で連絡しましょう。

~薬に頼らない健康なからだを目指す~
自律神経専門治療院
ユナイテッド治療院 院長 市原 祐之

«
»