めまい(眩暈)

現代医学的な考え方

めまいと一言でいっても、その症状は人それぞれですね。

 

めまいが起きると、「立てない」「歩けない」「気分が悪くなって嘔吐する」などの状態が起きることもあります。

 

そうなると、意識ははっきりしていても、自分では身動きが取れず、脳卒中かもしれない、といった恐怖感に襲われます。

 

救急車を呼んで、病院へ行くこともあるでしょう。

 

幸い病院の検査では、脳の病気ではないことだけはCTやMRIでわかったとしても、肝心な原因はわからず、とりあえずの投薬と休養を取って、「様子を見ましょう」と医師の先生に言われて、過ごされたりしていませんか?

注意を要するもの

【症状】

① 運動感を伴わないめまい感で、持続時間が長いもの、または手足のしびれ、複視(2重に見える)、ものを飲み込む時にむせる(嚥下障害)などの神経障害を伴うもの(中枢神経障害)

 

②回転性めまいで起立・歩行などに明らかな平衡障害があるもの。

 

こういっためまいが続く場合は、医療機関による精密検査をお勧めします。

めまいの種類は、4タイプ

めまいの訴え方は、人によって違いますが、めまいの起こり方を大きく分けると、

「回転性めまい」「浮動性めまい」「動揺性めまい」「立ちくらみ」の4つのタイプに分けられます。

タイプ1 視界がグルグル回る~回転性めまい~

回転性めまいは、最も激しいめまいの症状です。

 

周囲のものがグルグルと回ったり、天井やカーテンが流れて見えたりします。

めまいと同時に吐き気ももよおし、実際に嘔吐する場合もあります。

 

立っていられなくなったり、その場に座り込んだり、横になったまま動けなくなってしまう場合もあります。

 

回転性のめまいは、三半規管という耳の奥にあるバランスを司る器官で、回転を感知するのが役目の1つですが、その器官の障害で起こることがほとんどです。

 

症状は、数分間で終わることもあれば、数時間続くこともあります。

タイプ2 からだがフワフワする~浮動性めまい~

「からだが宙に浮いたように感じる」

「やわらかいマットの上を歩いているような感じがする」

「頭がフワーッとする」

など、いろいろな表現がされます。

 

浮動性のめまいは、回転性のように激しい症状はありませんが、症状が長引く傾向があります。

 

回転性の発作を繰り返し、病気が慢性期に移った時に起こるケースや、加齢が原因のもの、耳石器という耳の奥にあるバランス器官の障害から起こるものがあります。

タイプ3 からだが揺れている気がする~動揺性めまい~

頭やからだがグラグラ、あるいはユラユラと揺れている感じがする症状です。

 

歩いている時にも、足元がふらついたり、まっすぐ歩けなかったりすることもあります。

 

「原因不明のふらつき」として扱われることが多く、加齢の影響や、片方の三半規管の機能低下が著しい時や、小脳に障害がある場合も、この症状が現れます。

タイプ4 立ち上がったときにフラーッとする~立ちくらみ~

起立するときに、めまいやふらつきが起こる症状です。

 

耳や脳の障害のほか、低血圧、睡眠不足、疲労などが原因でも起こります。

 

電車の座席に座っていて急に立ち上がったらフラッとするとか、つり革につかまったいるうちに気分が悪くなるといった症状が現れます。

 

立ち上がるときには、頭の方へ速やかに足にある血液が移動することが望ましいのですが、その為には、ホルモンの影響で足の血管を収縮させて、からだの上方へ血液を送ります。

 

そのホルモンが低下していたりすると、足の血管が血液を送れなくなり一時的な脳の貧血が起こって、立ちくらみの症状を起こすことがあるのです。

めまいの簡易フローチャート

治療経験からの原因は大きく3つ

原因その1

耳(三半規管)

メニエール病に代表されるように三半規管のリンパ液の不調(増加)、耳石の不調などによるものがあります。

 

原因その2

目(視力調節不調)

目には毛細血管が集中しています。

パソコンやスマホなどによって目が酷使されて、血流不足、酸素不足になり視力や視野焦点の調節機能に不調をきたしそれがフワフワしためまいなど引き起こしやすいです。

 

原因その3

脳(血流不足)

睡眠不足や過労ストレスによる自律神経の乱れから首や肩のこりが起きて脳への血流を阻害し必要な血流量、酸素が不足して慢性的なめまい、フワフワ感を引き起こします。

めまいに関する東洋医学医学的な考え方

目がかすんで目の前が暗くなることを東洋医学では、「眩」(げん)と言います。

ぐるぐる物がまわって見えたり、ものが揺れ動いて見えるものを「暈」(うん)と言います。

この2つは同時に起こることが多いので、「眩暈」(めまい)と称しています。

また、目がかすんで頭がクラクラするものを「目眩」(もくげん)と言い、ひどく頭がクラクラし目の前が暗くなるものを「眩冒」(げんぼう)と言います。

1、肝陽の亢進によるめまい(眩暈)

①肝陽の亢進による(めまい)眩暈・・・怒りやストレスなどによって五臓の肝の疏泄機能が失調すると肝鬱(かんうつ)状態が起こります。

それが改善しないと熱を持ち肝を冷やす機能(肝陰)を損傷するようになります。

この為、肝陽が亢進して、頭や目に影響すると眩暈が起こります。

2、痰濁による(めまい)眩暈

②痰濁による(めまい)眩暈・・・暴飲暴食で、生活習慣が不規則、過労など不摂生が重なると五臓の脾胃が損傷し、運化機能(消化・吸収・運搬機能)が低下して痰湿が生じます。この痰湿が中焦(からだの中部分)に阻滞(そたい)している為に清陽(軽く清い気)が頭部に昇らず、また濁陰(だくいん)(重く濁った物質)が降りないと眩暈が起きます。

3、気血両虚による(めまい)眩暈

③気血両虚による(めまい)眩暈・・・脾胃虚弱の為に気血の生成が悪くなると、気虚の為に清陽が頭部にうまく到達できなくなり、また血虚の為に脳にうまく栄養が行き届かず、眩暈が起きます。

また、慢性疾患によって気血を消耗したり、吐血、下血、崩漏(ほうろう。子宮出血、月経期間外の大量もしくは持続出血のこと)などによって、出血が多いと眩暈が起きます。

4、腎精不足によるめまい(眩暈)

④腎精不足によるめまい(眩暈)・・・腎に蔵されている精(エネルギー)は髄(骨や血を作る元)を生じ、脳は「髄の海」と言われます。

先天的に腎精が不足している人、老化や房事過多などにより腎精が不足している人は『内経』(東洋医学の古典)でいう「腎海不足」となり、その為に眩暈が起きます。

鑑別

肝陽の亢進による眩暈は、頭部の張痛、イライラする、怒りっぽい、などの症状を伴い、舌質は紅、脈は弦数を呈する特徴があります。

 

痰濁による眩暈は、頭が重くぼんやりする特徴があり、舌苔は厚じ、脈は滑を呈します。

この2つのタイプは実証と言います。

 

また、気血両虚による眩暈は、横になると少し楽になり、疲労によって誘発または増強する特徴があります。

腎精不足による眩暈は、精神疲労、物忘れ、耳鳴りを伴いやすいものです。この2つのタイプは虚証と言います。

ユナイテッド治療院の施術&設備を紹介

その1 岩盤浴療法で血流促進

岩盤浴の遠赤外線効果によって、ヒートショックプロテイン(免疫タンパク)を増やしながら、身体の内側から温めて低体温改善血流促進させます。

その2 カイロプラクティック&古式整体術で骨格調整、筋肉の緩和

整体術は、カイロプラクティック、古式整体術、PNFストレッチなどを活用し、骨格調整や筋肉を緩和させて、各所のコリ、痛みの症状をはじめ、身体の血流不全改善させます。

その3 自律神経を測定して鍼灸治療などで調整

鍼灸治療を中心に、良導絡自律神経調整療法24ヶ所のツボの流れ(経絡)での自律神経を測定して不調の原因を確認しながら、鍼灸治療で調整していきます。

その4 高気圧酸素BOX療法

酸素BOXを使った高気圧酸素療法によって普通の呼吸では取り込めない溶解型酸素(通常の呼吸時より小さい酸素)を身体に大量に取り込めます。

細胞のエネルギー源である酸素が、身体の隅々の細胞に行き届くことによって、酸素不足 解消されて、新陳代謝(細胞の生まれ変わり)が促進され、ストレス体質改善が進みます。

長引く悩みは血流の不調からかも

めまいの患者さんの自律神経データ事例

めまいで来院した患者さんの初めての良導絡自律神経データを見ると、平均値(ミドリ線)に問題はなく、代謝機能、基礎体力、免疫力も問題はないようです。

 

ただ、H2(心包経)とH3(心経)が低めで左右差もあることから首から背中にかけての張りがあるようです。

 

また、H2(心包経)とH3(心経)が共に低い場合は、低血圧、低血圧体質の場合が多くめまいの原因となる場合があります。頭部への清陽が行き届きずらい兆候です。

 

腎経が少し低下気味なのも気になるところです。

腎経の関連臓器は、腎臓、副腎、生殖器(内分泌)となります。

 

腎経の自律神経の数値が低い場合の主な症状としては、

足腰の冷え、疲れやすい、精力減退

集中力が持続できない、記憶力減退

喉、耳の異常、ホルモンバランスの異常、婦人科系の異常などがあげられます。女性にとってはとっても大事な経絡なんです。

腎精不足によるめまいも充分に考えられます。

 

この患者さんの施術内容としては、首や肩、肩甲骨周りなどの筋肉を緩めて頭部への血流を改善させて、腎経に関わりが深い腰周りの血液循環を鍼と共にお灸を使って温めて、改善させていくことが有効となります。

1、早期改善型

1、早期改善型

測定した自律神経データの乱れは少なく、平均値(ミドリ線)がそれほど低下していない比較的短期間で改善が期待できるタイプ。

治療難易度 ★★★☆☆

2、疲労困ぱい型

2、疲労困ぱい型

測定した自律神経データの平均値(ミドリ線)がかなり低下した、心身共に疲労が溜まっていて自律神経が活性していないタイプ。

治療難易度 ★★★★

3、高ストレス陰陽逆転型

3、高ストレス陰陽逆転型

過重労働、パワハラ、モラハラ、DVなど高ストレスによって測定した自律神経データのバランスが逆転しているタイプ。

平均値(ミドリ線)が低下していれば心身疲労も蓄積している。

治療難易度 ★★★★

4、薬物カモフラージュ型

4、薬物カモフラージュ型

不調が薬物でカバーされて測定結果に表れてこない。長年薬を服用していて依存の状態が慣例化してしまっている厄介なものです。

どこかで決心しないと一生薬物に依存しなければならない人生になりかねません。

治療難易度 ★★★★★

*あなたの不調は何個ありますか?(>_<)

当院へ来院される患者様の不調平均数は5症状(最高20症状)

あなたを改善・変化に導く3要素

自律神経の乱れは心身の不調から引き起こされるものだと私は治療を通じて感じます。

そんな治療の経験から自律神経の不調を改善・変化に導く大事な要素は3つあると思っています。

 

その1 継続

勉強、スポーツ、習い事、趣味、仕事など、何事も何か目標を達成しようと思った場合、ある程度の期間継続してやってみなければ実現できないことは、すでにわかっていますよね。

治療も同じで3日坊主ですぐあきらめたり、中途半端な気持ちで取り組んでも良い結果が起こることはありません。

 

その2 自愛

治療をしていくと、少しずつ良い変化に気づくことでしょう。

その時に是非自分を褒めましょう。

「いいぞ、いいぞ」「その調子、その調子」

といったように少しの変化でも喜んで、自分の可能性を信じてください。

そうすると脳が「喜びを感じるならもっと、良くしてみよう」と働き出します。

 

その3 ラポール(信頼関係)

私は、医師ではないので、薬や手術で治療はできません。

自分の手を使い、鍼やお灸等道具を使い施術します。

でも、本当に大事なのは「気」なのです。

だって病院に行って、薬で良くならない症状を何とかするには、人間と人間の気持ちの関係が最も重要なのだと私は信じています。

この人を「治してあげたい」「笑顔で帰ってもらいたい」という気持ちで施術される患者さんになってください。その方がお得です。

別に難しいことではなく、きちんと挨拶されて、約束を守り、術後に「ありがとうございました」感謝の言葉を忘れない普通の礼儀・マナーをわきまえた患者さんは、人としても素敵に思います。

そんな患者さんには自然と心から応援して精一杯治療する「気」になるものです。

アドバイスその1

自分と同様な症状の治療例があるのか?

症状別ページ患者様の声を見て確認すると心強くなります。

アドバイスその2

どんな治療をするのか不安だな?

と思いならば施術内容のページを見るとイメージしやすいでしょう。

アドバイスその3

・治療時間はどのくらい?

・治療の料金はいくらなのか?

・駐車場はあるのか?

など聞いてみたい事は、まず「よくある質問ページ」を見て確認してください。

アドバイスその4

治療はいつ受けられるのか?

完全予約制なので、まず「予約状況ページ」を見て空き状況を確認してから、1番はLINE、次に問合せメールでの連絡がありがたいです。

一人治療院なので電話の際、治療中の場合があるので、HPをよく読んでから電話してください。

~薬に頼らない健康なからだを目指す~
自律神経専門治療院
ユナイテッド治療院 院長 市原 祐之

«
»