うつ病、躁うつ病(双極性障害)

生きていくということは、、喜怒哀楽の感情や気分の波を経験することではないでしょうか?

 

嫌なことがあれば、誰でも気分は塞ぎます。

嬉しいことがあれば、心が弾みウキウキします。

 

感情や気分の波があるのが人生ですから、少しばかり気分、気持ちの浮き沈みがあるからといって、それほど気にする必要はないと思います。

 

でも、気分が沈む、気分の変動が激しいといったことの他に、眠れない、食欲がない、やせてきたなどの身体症状。

 

心配事がいつも頭から離れない、いつもくよくよする、全然考えがまとまらない、些細なことが気になる、すべてのことが面倒に感じる、などの精神症状。

 

こういった症状が伴うのが、うつ状態といいます。うつ状態が短い期間で済むのであれば問題ないですが、長い期間うつ状態が続くと、うつ病と診断されることになるでしょう。

心の病の概念

1、内因性によるもの

遺伝、体質、素質などが原因となるもの。

・うつ病、統合失調症

2、心因性によるもの

性格、精神的ストレスなどが原因となるもの。

・神経症、心身症

3、外因性によるもの

脳に対する物理的打撃、科学的刺激、ホルモン系のアンバランスなどが原因となるもの。

・頭部外傷後遺症、脳炎後遺症

・薬物依存性、アルコール依存性

・肝臓病などによる精神症状

うつ病の特徴

特徴

・うつ状態が現れる。躁うつ病というタイプは、陽気な面と陰気な面が交互に現れる。

・身体症状よりも精神症状が前面に出てくる。

・うつ状態は、朝に症状が強く、夕方になるにつれて軽くなる。

・思春期や初老期に発症する人が多く、季節としては冬から春にかけてなりやすい。

性格

・まじめ、仕事熱心、強い責任感、几帳面、完璧主義者、一途な考え方、のような人がなりやすい。

背景・環境

・学校の成績、受験、転校、入学、卒業

・就職、結婚、出産、育児、転勤、昇進、離婚

・肉親や友人との死別、子供の結婚や独立による離別、更年期、閉経など

うつ病の身体の症状

Ⅰ、うつの状態

  1. 食欲不振
  2. 体重減少(やせ)
  3. 下痢や便秘
  4. 頭痛、動悸
  5. 疲労感、性欲の減退
  6. 口のかわき
  7. 胃腸の不具合、吐き気

Ⅱ、そう状態

  1. 睡眠時間が短くても熟睡できる
  2. 食欲亢進、体重増加
  3. 性欲亢進、行動の活発化
  4. 多尿

うつ病の精神症状

Ⅰ、うつ状態

  1. 不安、ものごとに対して悲観的
  2. 罪悪感がつよい
  3. 決断力がなく、迷いが多い
  4. 自信喪失、自虐的
  5. 被害妄想
  6. 焦燥感
  7. 口が重い
  8. 自殺願望

Ⅱ、そう状態

  1. 爽快、陽気、気分の高揚
  2. 興味や関心の増大
  3. 強い充実感、疲れを感じない
  4. 誇大妄想、多弁、自信過剰
  5. 乱れた消費、観念逸脱、無分別
  6. 感情表現が激しい
  7. 派手な化粧や服装

ユナイテッド治療院の治療方法を動画で紹介

8年間のうつ病から自律神経失調で不眠、不安、頭痛、倦怠感で出社できない日が続いていました。

Q、当院に来られた時のお悩み、症状はどのようなものですか?

A、来院する以前は、8年間患ったうつ病から自律神経失調症不眠不安頭痛体の怠さで、会社に出社できない日が続いていました。

 

Q、通院されて、お悩みの症状はどのようになりましたか?

通院して1ヶ月半くらいですが、熟睡できる時間が増えて出勤できる日も増えてきました。

 

通院を続けていくと次第に不安から来る焦燥感が減り、確実に一歩一歩体調が前進しています。

頭痛や怠さのない体調の日もあり、感動しています。

 

Q、同じような症状でお悩みの方に、メッセージをお願いします。

A、自律神経失調症は、投薬治療だけでは改善が時間がかかり、他の害(副作用)があります。

同じような症状で悩まれている方は、とりあえず市原先生に相談してみて欲しいと思います。

志々目 剛様 多摩市 男性 45歳 会社員

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

«
»