頭痛(偏頭痛・群発頭痛)

頭痛でお悩みの方は、日本では約3000万人もいるといわれます。

これは、成人の4人に1人の割合で、頭痛のなかでも片頭痛は、約850万人もいると推定されています。

こんなにたくさんの方が頭痛で苦しまれているのに、病院で治療を受ける方は数パーセントしかいません。

 

多くの人は、自分でなんとかしようとしているようです。

その代表が、市販の頭痛薬を服用することなのです。

頭痛には、善玉と悪玉がある

頭痛は、1988年発表の国際分類で頭痛の種類が分類されています。

たくさんの種類の頭痛があるなか、大きく分けると「善玉頭痛」と「悪玉頭痛」に分けられます。

 

善玉頭痛とは、「頭痛もち」の方の頭痛で、正式には「機能性頭痛」といいます。

この機能性頭痛は、片頭痛、緊張性頭痛、群発頭痛の3兄弟があり、片頭痛は吐き気を伴うズキズキ頭痛、緊張性頭痛は頭が重く感じるタイプで、群発頭痛は数時間の片目の激痛がほぼ毎日あるのが特徴の頭痛です。

 

悪玉頭痛とは、原因のある頭痛で、なかには命の危険が潜んでいる場合もあります。

悪玉頭痛は正式には「症候群頭痛」といい、「脳の病気によるもの」、「全身の病気によるもの」があります。

 

頭痛がなかなか収まらず、日に日に痛みが増すようでしたら、絶対に病院へいきましょう。

頭痛の種類

Ⅰ、頭痛もちの頭痛(善玉頭痛)

  • 片頭痛(ズキズキタイプ)
  • 緊張型頭痛(頭重タイプ)
  • 群発頭痛(片目あたりがすごく痛むタイプ)
  • その他(アイスクリーム頭痛など)

Ⅱ、外科的治療の対象となる頭痛(悪玉頭痛)

  • 頭部のケガによるもの(慢性硬膜下血腫など)
  • 血管障害によるもの(くも膜下出血など)
  • 頭蓋内疾患によるもの(脳腫瘍など)

Ⅲ、内科的治療の対象となる頭痛

  • 原因物質があるもの(アルコール中毒、二日酔いなど)
  • 感染症によるもの(風邪による頭痛など)
  • 代謝障害によるもの(一酸化炭素中毒による頭痛など)

Ⅳ、その他の症候性頭痛

  • 眼、耳、鼻、口腔疾患によるもの
  • 神経痛、帯状疱疹(ヘルペス)
  • 分類できない頭痛

緊急性の高い頭痛

手術が必要な頭痛の代表が、「くも膜下出血」、「脳腫瘍」、「慢性硬膜下血腫」の3つです。

その中でも最も緊急性が高いのが、「くも膜下出血」です。

 

くも膜下出血を起こした時の特徴は、後頭部を野球のバットで殴られたような激しい痛みを感じるようです。そしてそのあまりにも突然の衝撃で、その頭痛が起きた時刻をよく覚えているそうです。

 

このような、衝撃的な頭痛を覚えた時は、夜中でも病院へ行くようにしましょう。

「明日まで、様子をみてから」なんて考えていたら、明日が来ないで人生の幕を下ろすようになるかもしれませんよ。

その1 岩盤浴療法で血流促進

岩盤浴の遠赤外線効果によって、ヒートショックプロテイン(免疫タンパク)を増やしながら、身体の内側から温めて低体温改善血流促進させます。

その2 カイロプラクティック&古式整体術で骨格調整、筋肉の緩和

整体術は、カイロプラクティック、古式整体術、PNFストレッチなどを活用し、骨格調整や筋肉を緩和させて、各所のコリ、痛みの症状をはじめ、身体の血流不全改善させます。

その3 自律神経を測定して鍼灸治療などで調整

鍼灸治療を中心に、良導絡自律神経調整療法24ヶ所のツボの流れ(経絡)での自律神経を測定して不調の原因を確認しながら、鍼灸治療で調整していきます。

その4 高気圧酸素BOX療法

酸素BOXを使った高気圧酸素療法によって普通の呼吸では取り込めない溶解型酸素(通常の呼吸時より小さい酸素)を身体に大量に取り込めます。

細胞のエネルギー源である酸素が、身体の隅々の細胞に行き届くことによって、酸素不足 解消されて、新陳代謝(細胞の生まれ変わり)が促進され、ストレス体質改善が進みます。

ユナイテッド治療院の施術&設備の紹介

あなたの頭痛は、自律神経の乱れが原因かもしれません!

▲この良導絡自律神経データは、頭痛、吐き気、肩こり、耳鳴りを訴えていた20代半ばの男性の方のデータです。

 

このデータからは、小腸経という経絡(ツボの流れ)の自律神経が影響して、頭痛(時に片頭痛)、頭重、耳鳴りまでも表示しています。

 

また、後頚部(首の後ろ側)のコリというのは、肩こりや緊張性頭痛を引き起こす要因になります。

 

グラフでは、小腸経の自律神経のデータが左右(L・R)で差があるのがわかりますが、これはまさしくこの小腸経が通る腕から肩そして首につながるルートにコリや炎症があることを示しています。

起立性調節障害と診断され、頭痛、吐き気、だるさ、めまいで朝は不調でした

Q、当院に来られた時のお悩み、症状はどのようなものですか?

A、朝から頭痛吐き気だるさめまいなどの不調があって夕方には元気になるのですが、心配で病院へ行ったところ起立性調節障害と診断されました。

 

Q、通院されて、お悩みの症状はどのようになりましたか?

A、(母親談)

インターネットで治療できるところを探して通院すると、治療して頂くたびに回復する時間が早くなり1ヶ月過ぎた頃には、朝起きたり、ご飯を食べたり普通に過ごせるようになりました。

 

(本人談)

今では、朝起きた時に頭が痛くなくなり、夏休み中の学校のプールに行って、友達に会えるようになって、嬉しかったです。

 

Q、同じような症状でお悩みの方に、メッセージをお願いします。

A、(母親談)

子供に鍼治療?とも思いましたが、とても優しく対応して下さり、治療してもらうたびに効果もあるので、こちらに来て良かったです。

 

【起立性調節障害で悩まれて来院された他の患者様の声】

起立性調節障害と診断され、病院では治療法がなく辛い日々を両親がこの治療院を見つけて助けてくれました。

M.S様 17歳 男性 八王子市 高校生

頭痛・めまいで学校に行けない日がありました。

O.D様 日野市 男性 13歳 中学生

すっかり起立性調節障害が良くなりました。毎回通院が楽しみです!

O.K様 多摩市 15歳 高校1年生

S.A様 多摩市 11歳 小学6年生

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

頭痛で悩まれた患者さんの治療症例

症例5:慢性頭痛、腰痛、生理不順、生理前症候群

患者 38歳 女性 休職中 多摩市

【来院の動機】

23歳の頃から頭痛で悩まされ、近年は24時間365日頭痛で苦しむようになり、有名な頭痛専門外来へも行きましたが、サジを投げられました。

 

症状13:疲れがとれない、肩・腰が痛い、頭痛(緊張性頭痛)自律神経失調症状

患者 41歳 女性 会社員 八王子市

【来院の動機】

6ヶ月前から頭痛が続いていて、過労や緊張すると痛みがひどくなり、めまいをともなうことがあります。

 

症例18:頭痛、首・肩のこり、めまい、息苦しい、消化不良、PMS、生理痛、不安感自律神経失調症状

患者 22歳 女性 販売員 小平市

【来院の動機】

15歳の時に受験勉強をしだしてからお腹の調子が悪くなり、高校時代は頭痛が起きるようになりました。

首や肩がこってくるとめまいも起こることがあり、PMS(生理前症候群)、生理痛もつらいです。

 

~薬に頼らない健康なからだを目指す~
自律神経専門治療院
ユナイテッド治療院 院長 市原 祐之

«
»