めまい

めまいの種類は、4タイプ

めまいと一言でいっても、その症状は人それぞれですね。

 

めまいが起きると、「立てない」「歩けない」「気分が悪くなって嘔吐する」などの状態が起きることもあります。

 

そうなると、意識ははっきりしていても、自分では身動きが取れず、脳卒中かもしれない、といった恐怖感に襲われます。

 

救急車を呼んで、病院へ行くこともあるでしょう。

 

幸い病院の検査では、脳の病気ではないことだけはCTやMRIでわかったとしても、肝心な原因はわからず、とりあえずの投薬と休養を取って、「様子を見ましょう」と医師の先生に言われて、過ごされたりしていませんか?

 

めまいの訴え方は、人によって違いますが、めまいの起こり方を大きく分けると、

「回転性めまい」「浮動性めまい」「動揺性めまい」「立ちくらみ」の4つに分けられます。

タイプ1 視界がグルグル回る~回転性めまい~

回転性めまいは、最も激しいめまいの症状です。

 

周囲のものがグルグルと回ったり、天井やカーテンが流れて見えたりします。

めまいと同時に吐き気ももよおし、実際に嘔吐する場合もあります。

 

立っていられなくなったり、その場に座り込んだり、横になったまま動けなくなってしまう場合もあります。

 

回転性のめまいは、三半規管という耳の奥にあるバランスを司る器官で、回転を感知するのが役目の1つですが、その器官の障害で起こることがほとんどです。

 

症状は、数分間で終わることもあれば、数時間続くこともあります。

タイプ2 からだがフワフワする~浮動性めまい~

「からだが宙に浮いたように感じる」

「やわらかいマットの上を歩いているような感じがする」

「頭がフワーッとする」

など、いろいろな表現がされます。

 

浮動性のめまいは、回転性のように激しい症状はありませんが、症状が長引く傾向があります。

 

回転性の発作を繰り返し、病気が慢性期に移った時に起こるケースや、加齢が原因のもの、耳石器という耳の奥にあるバランス器官の障害から起こるものがあります。

タイプ3 からだが揺れている気がする~動揺性めまい~

頭やからだがグラグラ、あるいはユラユラと揺れている感じがする症状です。

 

歩いている時にも、足元がふらついたり、まっすぐ歩けなかったりすることもあります。

 

「原因不明のふらつき」として扱われることが多く、加齢の影響や、片方の三半規管の機能低下が著しい時や、小脳に障害がある場合も、この症状が現れます。

タイプ4 立ち上がったときにフラーッとする~立ちくらみ~

起立するときに、めまいやふらつきが起こる症状です。

 

耳や脳の障害のほか、低血圧、睡眠不足、疲労などが原因でも起こります。

 

電車の座席に座っていて急に立ち上がったらフラッとするとか、つり革につかまったいるうちに気分が悪くなるといった症状が現れます。

 

立ち上がるときには、頭の方へ速やかに足にある血液が移動することが望ましいのですが、その為には、ホルモンの影響で足の血管を収縮させて、からだの上方へ血液を送ります。

 

そのホルモンが低下していたりすると、足の血管が血液を送れなくなり一時的な脳の貧血が起こって、立ちくらみの症状を起こすことがあるのです。

ユナイテッド治療院の施術&設備を紹介

病院を転々としても治らなかった、フワフワするめまいが改善しました。

フワフワしためまい貧血感で来院しましたが、頭に血がいかない貧血感治療後すぐに良くなりました。

もともと肩こりがもあったのですが、血のめぐりが良くなって、楽になりました。

私も原因がわからないめまいで色々な病院を転々としてきましたが、こちらで先生が『あきらめないでがんばろうね!』

と言って下さったので治療をつづけて元気になれました。

 

天ヶ瀬 由佳子様 多摩市在住 25歳 事務職&ネイリスト

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

めまいの患者さんの自律神経データ事例

めまいで来院した患者さんの初めての良導絡自律神経データを見ると、平均値(ミドリ線)に問題はなく、代謝機能、基礎体力、免疫力も問題はないようです。

 

ただ、H2(心包経)とH3(心経)が低めで左右差もあることから首から背中にかけての張りがあるようです。

 

また、H2(心包経)とH3(心経)が共に低い場合は、低血圧、低血圧体質の場合が多くめまいの原因となる場合があります。

 

腎経が少し低下気味なのも気になるところです。

腎経の関連臓器は、腎臓、副腎、生殖器(内分泌)となります。

 

腎経の自律神経の数値が低い場合の主な症状としては、

足腰の冷え、疲れやすい、精力減退

集中力が持続できない、記憶力減退

喉、耳の異常、ホルモンバランスの異常、婦人科系の異常などがあげられます。女性にとってはとっても大事な経絡なんです。

 

この患者さんの施術内容としては、首や肩、肩甲骨周りなどの筋肉を緩めて頭部への血流を改善させて、腎経に関わりが深い腰周りの血液循環を鍼と共にお灸を使って温めて、改善させていくことが有効となります。

«
»