不眠症・睡眠障害

夜寝付けない。何度も起きてしまう。眠りが浅い。寝た気がしない。

そういう悩みは、つらいですよね。

私にも、経験があります。

 

多くの場合、こういった不眠、睡眠障害の原因は、ストレスに関係があります。

 

自律神経失調症のページでも、書いていますがストレスによって自律神経の交感神経が興奮したまま、本来は夜間には静まって、副交感神経が働くところを交感神経が、押さえ込んでしまっている状態です。

 

交感神経は、日中に仕事しているとき、運動しているときなど、別名ファイト神経と呼ばれるような戦うときに活発になる神経です。

ですから、怒り、痛み、口惜しいなどのときにも、交感神経は興奮するのです。

 

ストレスが原因で興奮した、交感神経が夜遅くまで続くのは、ストレスの原因が排除されていない場合もあります。

 

不眠は、2,3日の程度で収まるならば、特に気にする必要はありませんが、数週間、数ヶ月続く前に対処したほうが絶対によいです。

 

病院へ行けば、睡眠導入剤などの医薬品で、様子をみましょう。と言われると思いますが、乱れた自律神経が調整される保証はありません。

 

病院へ行こうと思うほど、睡眠障害で悩まれている方は、睡眠の悩みだけでなく、頭痛や肩こり、食欲不振やイライラなどの症状も伴っていてもおかしくありません。

 

これは、まさしく自律神経の乱れがある症状です。

 

さらに症状が進むことで怖いのは、うつ症状やうつ病になってしまうことです。

こうなると、心身共に不調で、仕事に行けなくなったり、人に会うことが嫌になったり、外出そのものができなくなったりして、生活に大きく影響してきます。

どうやって不眠を改善させるのか?

当院では、治療する際に良導絡自律神経療法の機械で、自律神経の状態を調べます。

 

画像のデータは、疲れから来院した方の良導絡データですが、脾経というツボの流れの経絡の自律神経が乱れていて、不眠の症状を表しています。

 

不眠だけが不調でなくても、この良導絡の自律神経の測定で、どの自律神経が不調なのかが客観的にわかってきます。

その、不調な自律神経を東洋医学のはりやお灸を中心に、整体療法やホットストーンなどの物理療法を加えながら、それぞれの方にあった施術をおこなって、調整・治療していきます。

 

また、当院では不眠など副交感神経を優位にするのにとても効果がある、岩盤浴ベッドがあります。

 

岩盤浴ベッドから出る、遠赤外効果は振動エネルギーなので、細胞レベルからからだが芯まで温まり、併せてマイナスイオンが発生するので、日常生活では味わえないリラックス効果があります。

 

こうした自律神経の改善治療を行った患者さんが、次に来院された時に皆さん言われるのが「ぐっすり眠れるようになりました」という言葉です。

 

薬に頼らないで、不眠、自律神経を調整されたいならば、こういった方法を、是非1度試していただきたいと思います。

【動画】教えて、市ちゃん先生(不眠症偏)

ユナイテッド治療院を動画で紹介します

«
»