不眠症・睡眠障害

夜寝付けない。何度も起きてしまう。眠りが浅い。寝た気がしない。

そういう悩みは、つらいですよね。

私にも、経験があります。

 

多くの場合、こういった不眠、睡眠障害の原因は、ストレスに関係があります。

自律神経失調症のページでも、書いていますがストレスによって自律神経の交感神経が興奮したまま、本来は夜間には静まって、副交感神経が働くところを交感神経が、押さえ込んでしまっている状態です。

 

交感神経は、日中に仕事しているとき、運動しているときなど、別名ファイト神経と呼ばれるような戦うときに活発になる神経です。

ですから、怒り、痛み、口惜しいなどのときにも、交感神経は興奮するのです。

ストレスが原因で興奮した、交感神経が夜遅くまで続くのは、ストレスの原因が排除されていない場合もあります。

 

不眠は、2,3日の程度で収まるならば、特に気にする必要はありませんが、数週間、数ヶ月続く前に対処したほうが絶対によいです。

 

病院へ行けば、睡眠導入剤などの医薬品で、様子をみましょう。と言われると思いますが、乱れた自律神経が調整される保証はありません。

 

病院へ行こうと思うほど、睡眠障害で悩まれている方は、睡眠の悩みだけでなく、頭痛や肩こり、食欲不振やイライラなどの症状も伴っていてもおかしくありません。

 

これは、まさしく自律神経の乱れがある症状です。

さらに症状が進むことで怖いのは、うつ症状やうつ病になってしまうことです。

こうなると、心身共に不調で、仕事に行けなくなったり、人に会うことが嫌になったり、外出そのものができなくなったりして、生活に大きく影響してきます。

現代医学的な不眠の考え方

不眠を招く要因としては、騒音などによる外界からの刺激日常生活の乱れによる機会性不眠と、痛みなど睡眠を阻害する要素を持つ身体的疾患精神病、神経症に起因する症候性不眠に分類されます。

 

不眠の症状のタイプとしては、入眠障害、早朝覚醒、中途覚醒、熟睡障害、まったく眠れない、などがあります。

機会性不眠とは?

【病態】

外界の刺激や生活習慣の乱れ、一過性の精神的緊張などによって正常な睡眠がさまたげられたり、睡眠リズムがくずれたりするものがあります。

多くは原因がなくなれば症状は改善されますが、臨床的に問題になるのは、不眠による精神的緊張の持続、自律神経の乱れ等の悪循環によって症状が固着傾向になるものです。

【症状】

いずれの不眠症状のタイプもあります。

【治療方針】

精神的興奮を鎮静させて、さらに全身調整をはかり悪循環を断ち切り改善させる。

神経症性不眠とは?

【病態】

前述した機会性不眠が心理的に完全に固着してしまう場合と、さしたる要因も認められないのにも関わらず、発症する場合とがあります。

いずれも患者の性格傾向が大きく関与していることがあります。

【症状】

入眠障害が多いといわれます。重症になるとまったく眠れないといった症状になることもあります。

【治療方針】

機会性不眠と基本的には同様ですが、心理的な配慮が重要になります。

東洋医学的な不眠の考え方

不眠とは、常に睡眠が不足することをいいます。

軽症の場合は、寝つきが悪いすぐに目が覚める、途中で目が覚めるとなかなか寝付けない。などの症状を訴え、重症の場合は、夜通し眠れない状態になります。

 

東洋医学の古典書の『内経』には、「目不瞑」「不得眠」「不得臥」とあり、別の古典書『難経』には「不寝」という記載があります。

この『内経』『難経』などの古典書は、古事記と同時代に書かれたものといわれ、数千年前の日本では縄文・弥生時代とされる頃から東洋医学では不眠の認識があったことがわかります。

東洋医学の不眠の分類

①痰熱による不眠

①痰熱による不眠

飲食不節や運化の失調により痰湿が生じ、それが鬱すると痰熱が生じる。この痰熱が心神に影響すると不眠が起こるもの。

②肝火による不眠

②肝火による不眠

抑うつや激怒することによって情志を損傷し、そのために肝の条達が悪くなると気鬱という病態が生じます。この状態が改善されないと化火しやすいという特徴があります。

火には炎上性があり、これにより火が心神に影響すると不眠が起きます。

③心脾両虚による不眠

③心脾両虚による不眠

思慮過度、心労、労倦などは心脾を損傷しやすく、その為に心を損傷して陰血を損傷すると神志を主れなくなります。

また、脾を損傷し気血の生成が悪くなると、心をうまく栄養できなくなり、その為に心神不安となって不眠となります。

④心腎不交による不眠

④心腎不交による不眠

房事過多、久病などにより腎陰を損傷すると、心腎相交の関係が失調して心腎不交となります。

また、五志過極により心火により心神が影響を受けると不眠が引き起こされます。

その1 岩盤浴療法で血流促進

岩盤浴の遠赤外線効果によって、ヒートショックプロテイン(免疫タンパク)を増やしながら、身体の内側から温めて低体温改善血流促進させます。

その2 カイロプラクティック&古式整体術で骨格調整、筋肉の緩和

整体術は、カイロプラクティック、古式整体術、PNFストレッチなどを活用し、骨格調整や筋肉を緩和させて、各所のコリ、痛みの症状をはじめ、身体の血流不全を改善させます。

その3 自律神経を測定して鍼灸治療などで調整

鍼灸治療を中心に、良導絡自律神経調整療法24ヶ所のツボの流れ(経絡)での自律神経を測定して不調の原因を確認しながら、鍼灸治療で調整していきます。

その4 高気圧酸素BOX療法

酸素BOXを使った高気圧酸素療法によって普通の呼吸では取り込めない溶解型酸素(通常の呼吸時より小さい酸素)を身体に大量に取り込めます。

細胞のエネルギー源である酸素が、身体の隅々の細胞に行き届くことによって、酸素不足 解消されて、新陳代謝(細胞の生まれ変わり)が促進され、ストレス体質改善が進みます。

不眠の患者さんの自律神経データ

当院では、治療する際に良導絡自律神経療法の機械で、自律神経の状態を調べます。

 

画像のデータは、疲れから来院した方の良導絡データですが、脾経というツボの流れの経絡の自律神経が乱れていて、不眠の症状を表しています。

【動画】教えて、市ちゃん先生(不眠症偏)

ユナイテッド治療院を動画で紹介します

更年期障害による自律神経の乱れから不眠、イライラ、めまい等がありました

Q、当院に来られた時のお悩み、症状はどのようなものですか?

A、更年期障害で自律神経が乱れたようで、不眠、めまい、気分不快(イライラ)、倦怠感、脱力感でこちらに来院しました。

 

Q、通院されて、お悩みの症状はどのようになりましたか?

A、ひどい時は、寝込むことが多くて家の中にこもりがちでした。

通院を続けるたびに、少しずつ体調が楽になり、自ら外出できるようになりました。

 

多少体調がすぐれなくても、もう寝込むようなことがなくなりました。

 

Q、同じような症状でお悩みの方に、メッセージをお願いします。

A、これからも、せっかく自分に合う治療院に出会えたので、からだを大切にするためにも通院させていただきます。

 

【更年期障害で悩まれて来院された他の患者様の声】

朝、ふとんから出られず、家事もままならない状態から、今は外出もよくできるようになりました。

小川 礼子様 多摩市 62歳 主婦

わずか2ヶ月で、首・肩のこり、背中の痛み、頭痛、睡眠中途覚醒が改善しました。

N.M様 多摩市 54歳 女性 主婦

更年期障害が早く成果がでてびっくりしました

I・Y様 多摩市 52才 女性 主婦・自営

M.K様 多摩市在住 57歳 主婦

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

不眠症の治療症例

症例1:不眠、気分不快、食欲不振、肩こり、腰痛

患者 50代 男性 会社員 八王子市

【来院の動機】

会社に行っても何かイライラ、眠ることがなかなかできなくなって、心療内科へ行くようになりました。でも薬に頼らないで生活したいです。

症例6:頭痛、肩こり、不眠、顎の緊張感、仕事や体調に対する不安感、全身の緊張感

患者 59歳 女性 自営業手伝い 多摩市

【来院の動機】

不眠症は20年前から症状が出てきており、10年前からは肩こりも慢性的になり、20代の頃に左膝にリウマチ症状が出て、4年前には乳がんで部分切除の手術を行っていました。

症例10:不眠。胃痛、便秘、みぞおちの張り、体重減少

患者 57歳 女性 主婦 八王子

【来院の動機】

3ヶ月ほど前に親族と親の介護の問題でトラブルになってから症状が酷くなり、夜寝れない日が多くなり、便も3~4日に一度でるような便秘が続いています。

食欲はあるのですが、食べると胃が痛くなるのが怖くてお粥ばかり食べています。

気がついてみると体重が1年前は48キロだったのが、今は35キロになってしまいました。

~薬に頼らない健康なからだを目指す~
自律神経専門治療院
ユナイテッド治療院 院長 市原 祐之

«
»