子供(小学生・中学生)でも治療できますか?

当院には、10歳(小学生4年生)から中学生、高校生のお子様も治療の為、来院されています。

 

困っている症状としては、

・起立性調節障害(低血圧型)

・頭痛(筋緊張性頭痛、偏頭痛)

・めまい(朝方のめまい、フワフワしためまい)

・食欲不振(食事が美味しくない)

・朝起きれない

・やる気が出ない

・からだがだるい

など、様々であり複数の症状で悩む場合が多いです。

 

保護者の方は、心配になって小児科や脳神経科など受診して、様々な検査を行い「異常なし」と医師に言われ、漢方薬や鎮痛剤を処方されても改善されず、来院される方が多いです。

 

ご注意

保護者(親)の方が、お子様の不調を心配するのは当たり前ですが、受診するのはお子様ですから、お子様の治療に対する前向きな気持ちが、とても重要になります。

 

当院では、鍼灸(はり・きゅう)治療を主体に行っていきますので、受診するお子さんが、

「はりは、怖い」

「痛いことは嫌だ」

「行きたくないけど、仕方なく来た」

という気持ちで、来院されても良い治療効果は期待できない事があります。

 

子供さんは、成長期に様々なホルモンが分泌され、からだの成長・変化が起きています。

その、成長・変化の際に自律神経が乱れ不調を生じる場合があるのです。

 

お子様の自律神経に関わる不調は、早期に改善される場合、長期でも改善されない場合、途中で諦めて通院されない場合など様々です。

 

改善されるお子様の特徴としては、

・素直な子

・治療を怖がらず、受け入れる子

・過保護な環境でない子

と個人的に感じます。

«