倦怠感

特別に運動や、働きすぎてもいないのに、疲れがとれない、なんかからだがだるい。

という方は、自律神経のバランスが乱れているからかもしれません。

健康な方の場合は、多少無理して疲れても2~3日もすれば疲れはとれてもとに戻りますが、自律神経の交感神経と副交感神経のバランスが乱れていると、疲労感は日を追うごとに増していって、何かをおこなうという気力も段々低下して、おっくうな気分になっていきます。

全身的な疲労感・倦怠感の原因は

慢性的な疲労感・倦怠感を及ぼすのは、自律神経のバランスが乱れているからだと言いましたが、もう少し詳しく説明しましょう。

 

自律神経のバランスの乱れから生じる症状は、いろいろありますが、全身的症状である慢性の疲労感・倦怠感は、自律神経(交感神経と副交感神経)を管理(バランスをとる)している視床下部という脳にある器官が混乱して起こる場合があります。

 

脳の構造では、理性を担当するのが大脳辺縁系というところで、本能や感情を担当するのが大脳新皮質というところです。

 

自律神経のバランスの乱れが進むと、この大脳辺縁系と大脳新皮質の連携がうまくいかなくなり、自律神経をコントロールする視床下部にその影響が出てしまって、バランスが乱れてしまうのです。

 

また、30代後半以降の女性の場合、更年期によるホルモン分泌の減少が影響して、自律神経のバランスが著しく乱れてしまい、慢性的な疲労感・倦怠感が生じることがあります。

これが、一般的にいわれる更年期障害の特徴的な症状の1つです。

東洋学でみる疲労・倦怠感

東洋医学での説明は、基本となる色々な理論や臓器の働き、経絡・経穴というツボやツボの流れの役目など知らないと、さっぱりわからない世界の話ですが、なるべくわかりやすく説明したいと思います。

 

まず、東洋医学での人が健康に生きていく上での重要な要素として、「気(き)・血(けつ)・津液(しんえき)」というものがあります。これはそれぞれをわかりやすくいうと、

・気=エネルギー(動かす、働く力)

・血=血液

・津液=血液以外の液体(リンパ液、胃液、滑液、その他の体液)

 

人のからだのだるさや疲労感は、全身の気・血の不足と、元気の源となる腎(東洋医学の五臓の1つ)気の不足が原因と考えます。

 

全身の気・血の不足は、気・血を生成する脾・胃(東洋医学の五臓と五腑の1つ)の機能が低下したためと考えます。

 

また、加齢などでは、生命の重要な気が集まる腎という臟の気(腎気)というエネルギーが低下しがちになるので、全身のだるさを生じます。

 

東洋医学では疲労・倦怠感の原因を、問診や脈診、舌診、腹診などをおこなって判断し、弱ったり不足したりしている気や血を補充したり、多すぎたり詰まっていたりする津液を、抜いたり詰まりを取ったりして、調整していくものなのです。

 

ユナイテッド治療院の治療方法を動画で紹介

当院でおこなう治療は

当院の治療では、どのような症状の場合でも、良導絡自律調整療法をおこないます。

 

その治療をおこなう際に調べるのが、良導絡自律神経の測定です。

 

これをおこなうことによって、東洋医学でお話したどの臓腑の不調が原因かが、グラフとして目で見てわかりやすくなります。

 

▲画像で紹介したグラフの患者さんは、50代女性で、全身の倦怠感、右肩の痛み、頭痛などのお悩みで来院しました。

 

先に説明した、五臓の腎に関係する腎経というツボの流れの自律神経が弱っていて、それが慢性疲労の原因の一つと考えられます。

 

こういった、弱ったもしくは強すぎる経絡の自律神経を、それぞれに調整していくことによって症状を治療していくのが、当院の特徴です。

 

また、慢性疲労・倦怠感がある方は、自覚が乏しくてもからだの冷えがある場合が多いので、直接的な治療の他に、岩盤浴ベッドに入っていただくことで、岩盤浴の遠赤外線効果でからだが芯から温まり、副交感神経を優位にしてリラックスすることで、疲れや倦怠感が改善していきます。

 

そして治療の最後に酸素BOXに入る事によって、細胞レベルに新鮮な酸素をおくることができるので、細胞の新陳代謝を促進し、古い細胞が新しく生まれ変わることを助けます。

 

疲労感や倦怠感が染み付いてしまった細胞から、新鮮で元気な細胞を生み出す効果があります。

 

こうして、定期的に症状を確認しながら、生まれ変わるように体質を改善させていくのが、当院の治療です。

治療料金と治療間隔

治療の間隔は、初回から10回前後は週に1度来院されることを勧めています。

 

これには理由があって、筋力トレーニングでもダイエットでも、自分が変わろうと思った場合、1度や2度で体格や体重が変わることはありません。

 

もし、すぐ変わったならば、それはすぐ戻りやすくもあります。

 

人間の体格や、体質改善をおこなう場合、ふつうは3ヶ月くらいの時間が必要です。

それは、3ヶ月程経つとからだの中の60兆ある細胞の約50%は入れ替わるからです。

 

どうせ、入れ替わるなら元気ないい細胞に入れ替わる方が、からだの調子もよくなります。

そのための期間が、約3ヶ月です。

 

治療の頻度は、本当は週に2回来られた方がよりいいのですが、経済的なことも考えて、ギリギリ週に1回来ていただきたいと提案しています。

 

その後は、からだの調子や良導絡の自律神経データを見ながら、2週間に1回を2~3ヶ月来院していただき、またその後の状態を確認しながら、月に1度のメンテナスでお越しになるのが理想的と思っています。

 

最終的にお決めになるのは、あなたご自身です。

 

ただ、一言申し上げれば、何事も簡単にできることは少ないということと、真剣に取り組めばからだは必ず、応えてくれるということです。

«
»

同じ症状で悩むお客さまの声

冷え、むくみ、肌荒れの体質改善ができました!

体質改善、冷え・むくみ・肌荒れが気になっていました。

治療を受けていくと、以前に比べ体が軽くなり、少しずつ代謝が上がっていきました。

悩みだった肌荒れも良くなりました。

私は丁寧で腕の良い先生に出会え、やっと体質が変わるかもしれない希望がわきました。

 

 

34歳 女性 会社員

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。