生理不順

女性の方は、人生のなかの約40年間、毎月月経(生理)という生殖機能の習慣と、お付き合いしなければなりません。

 

この数十年間の習慣のなかで、まったく何もトラブルもなく、過ごせる女性はなかなか少ないでしょう。

近年の日本での初経の全国平均年齢は、約11歳で、これは栄養状態が改善され、体格も以前より向上した結果早まってきた傾向があります。

 

一方で閉経は、若干は伸びたものの全国平均では、約51歳と報告されています。

閉経の年代の近辺45~55歳くらいの間の期間は、更年期と呼ばれ、生殖器官である卵巣機能がそろそろその役目を終了して、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が低下します。

 

すると、これまでの体質が変化することに伴い、自律神経のバランスの乱れから体調不良を起こすことがあるのが、一般的に呼ばれる更年期障害というものです。

通常の月経(生理)周期

【増殖期】

月経が終了してから排卵までの期間で、卵巣周期では卵胞期になります。

卵胞からは、エストロゲン(女性ホルモン)が分泌されて、子宮の内部が次の受精卵の準備をし始めます。

 

 

【分泌期】

排卵から月経開始までの期間で、卵巣周期では黄体期になります。

子宮内部の受精卵を受け入れる体制がさらに進み、いつ受精卵が子宮の内膜に着床してもいいように万全の準備体制が整っている状態です。

 

【月経期】

受精卵が着床しなかった場合、排卵した卵胞は黄体というものに変化してますが、その応対も退化して、受精卵着床のために子宮内膜組織を維持させるために分泌していたプロゲステロン(黄体ホルモン)が低下して、子宮の内膜がはがれるようになり、体外に排出されるのがいわゆる月経(生理)とよばれるものです。

 

この周期は、通常28日を1周期と定めていますが、25~38日は正常な範囲内と考えています

月経(生理)不順の原因

1、体重減少性無月経

これは、過度なダイエットなどにより、標準体重を20%以上割り込むような体重減少がある女性に起こる症状です。

詳しくは、症状別記事に記載しています。

 

2、神経性無食欲症

これは、思春期に起こりやすい症状で、単に体重が減少する「体重減少性無月経」とは、違います。

より深刻な症状で、精神疾患の1つと考えてよいでしょう。進行すると「摂食障害」を引き起こすとても危ない症状です。

詳しくは、症状別記事に記載しています。

 

3、ストレス

ストレスによる無月経は、全体の10%と考えられていますが、潜在的な数字はもっと多いのではないでしょうか?

現在の社会では人生を送るなかで、受験、入学、就職、転職、退職、学校生活、職場、家庭生活においての人間関係などでストレスになることは山ほどあります。

 

病院の診察では、こういったストレスと月経不順・無月経を結びつけることが難しく、治療を難しくしている面があります。

西洋医学的には、機能性無月経は、ホルモンの分泌低下が原因と考えられている障害です。

 

例えば、極端な環境の下では無月経になる場合があります。

戦闘状態、戦時下、大災害、など極度なストレス、疲労状態がつづくと排卵も月経も止まることが知られています。

これは、ある意味妊娠、出産に適さない状況で、あえて生殖機能をOFFにしていると考えられます。

1種の防衛反応、適正反応といえるものでしょう。

 

4、その他、基礎疾患

無月経、月経(生理)不順を引き起こす基礎疾患(病気)が原因の場合もあります。

生殖機能の臓器の疾患、ホルモン分泌器官の疾患、代謝機能の疾患、成人病など

疑わしい場合は、基礎疾患を調べるために、病院での検査を受けることが重要でしょう。

 

ユナイテッド治療院の治療方法を動画で紹介

当院での治療法

月経(生理)不順、無月経でお悩みの方は、体調の不調がそれだけということは、まずありません。

むしろ他の症状、肩こり、腰痛、冷え症、疲れやすやなどが気になって治療院へ来ることが多いです。

 

最初は、肩こりで来院されて治療していくうちに「実は、生理が不順なんです」と打ち明けられたり、こちらから「生理の周期は安定してますか?」と尋ねて「実は安定してないんです」と話される場合が多いです。

当院では、良導絡自律神経調整療法という治療法を行いますが、治療を行う前に自律神経を良導絡の機械によって測定します。

 

画像のようなデータが出るわけですが、この患者さんも当初は美容目的で来られて、その後お腹が張るのが気にると言われ、良導絡にて自律神経を調べると自律神経がかなり乱れているのが分かり、以前は、2年くらい無月経で、最近の月経(生理)周期が2~3ヶ月であることをお話されました。

 

この症状は、良導絡のデータからも示しています。肝経という経絡(ツボの流れ)の自律神経の状態が乱れていて、生殖機能に異常がある可能性を示しています。

 

この肝経というのは、東洋医学の古典、中医学においても、自律神経や血液系に関係が深く、臟血作用をコントロールしています。したがって肝経(肝)の不調は、肝の機能が低下しておこる虚証(足りない症状)を引き起こし、月経(生理)不順、無月経などは、血(けつ)が足りないことで起きている症状として、肝血虚(かんけっきょ)と見立てます。

 

こういった、古典や中医学では、問診や脈診、舌診、腹診などによって判断するわけですが、非常に難しくまた、正解か不正解かの判断ができません。

ましてや患者さんには、チンプンカンプンな世界です。

 

そういった面を、わかりやすく判断し治療に活かせるのが、良導絡自律神経療法です。

自律神経の数値をグラフにして、その時の自律神経の乱れによる症状を患者さんと確認しながら治療を進めることができます。

治療を続ける度に自律神経を測定しますから、データとして残り過去の状態と比較ができ、からだの改善度を目で見て確認できる安心感や納得感があります。

測定データは、毎回プリントアウトしてお渡しするので、患者さんもご自身でからだの状態をいつでも確認ができるのです。

 

画像のモデル患者さんは、毎週1回通院されて、3ヶ月程経過して月経周期が40日~45日ほどになりました。

その後、しばらく安定していたのですが、途中2ヶ月以上月経がない時があり、その後また1.5ヶ月になりそれからは、お仕事の関係もあって、通院間隔が空くようになりましたが、現在も通院されてメンテナンスをされています。

 

器質的な病気がある場合には、病院での検査・治療も必要ですが、特にからだに問題がなく、単にホルモン療法だけを勧められるのであれば、東洋医学を試される価値は大いにあると思います。

«
»

同じ症状で悩むお客さまの声

冷え、むくみ、肌荒れの体質改善ができました!

体質改善、冷え・むくみ・肌荒れが気になっていました。

治療を受けていくと、以前に比べ体が軽くなり、少しずつ代謝が上がっていきました。

悩みだった肌荒れも良くなりました。

私は丁寧で腕の良い先生に出会え、やっと体質が変わるかもしれない希望がわきました。

 

 

34歳 女性 会社員

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

関連記事