メニエール病(メニエール症候群)

ある日突然、耳が遠く感じたり、目の前の景色が回っているよう見えたり、地面が揺れているように思えたり、どうしてもまっすぐ立っていられない。

 

メニエール病に苦しむあなたは、こんな症状が突然襲ってきて不安な日々を送られていませんか?

 

また、自分の苦しめられる症状が、家族や同僚、友人にも理解されずに、「仮病」「怠け病」扱いされて、精神的にもつらい思いされている方もいるでしょう。

 

なかなか病院へ行っても治らないメニエール病を、少しでも改善させる方法をご存じでしょうか?

当院の施術がきっとあなたのお役に立つと思います。

メニエール病の症状、原因などをご理解して、当院の改善理由に共感して頂けると嬉しい限りです。

メニエール病というのは、

耳の構造、外耳、中耳、内耳

メニエール病というのは、耳の奥にある内耳という器官のリンパ液の増加による「リンパ水腫」が原因であるといわれています。

 

内耳は、平衡感覚をコントロールする役目の器官ですが、その働きの為にリンパ液が使われていて、リンパ液の動きをセンサーで感知することで、今自分が動いているか、傾いているか、回っているか、などの状態を脳へ伝えるのが内耳の重要な役目です。

 

この内耳のリンパ液が、適度な量を超えてセンサーに悪影響を与えてしまうのが、メニエール病の原因とされています。

なぜ、内耳にリンパ液が増加するのか?

内耳にリンパ液が増加する「リンパ水腫」がメニエール病の原因であることは、1861年フランスの医師プロスペル・メニエール氏によって、発表されています。

 

意外と歴史が古い病気です。

 

ただ、メニエール病の原因が、内耳のリンパ水腫であるとはわかっていても、

なぜ、リンパ腫水腫=リンパ液の増加が起きるのか?は解明されていないのが現実です。

 

日本では、厚生労働省の特定疾患に指定されている難病の一つになっている年間10万人程の患者さんが苦しめられている疾患なんです。

こんな症状がありますか?

メニエール病は、早期の発見、早期の治療がとても重要です。

最近のご自分の症状で、当てはまるものがあるか、セルフチェックしてみてください。

  • 頭がグルグル回る強い回転性のめまいがある
  • 難聴、特に低音域が聞こえない
  • 小さい耳鳴りがある
  • 耳が塞がるような感覚がある
  • 吐き気や嘔吐をする
  • 冷や汗をよくかく
  • 動悸がよくする
  • 異常な寒気や暑さを感じる
  • 顔色が蒼白い

メニエール病の根本的な原因は?

近年、メニエール病になってしまう原因、つまり内耳のリンパ液の増加は、ストレスが原因と認識されています。

 

病院では、点滴治療や利尿剤、ステロイド剤、精神安定剤、ビタミンB12製剤などが処方されますが、対処療法が主体であって根本的な改善に繋がるものとは異なります。

 

もし、あなたがメニエール病が気になったり、病院でメニエール病だと診断されているのなら、症状が発症する前の自分の環境を振り返ってみてください。

生活環境のセルフチェック

  • 結婚もしくは離婚をした
  • 子供ができて初めて子育てをしている
  • 進学した、もしくは進学に失敗した
  • 転勤、転職をした
  • 人事で出世もしくは降格した
  • 学校、会社で人間関係のトラブルがある
  • 会社のノルマがきつい
  • 学校の勉強についていけない
  • 夜、寝付けず不眠気味

以上のような環境は、ストレスが大いに影響する環境です。

こういったストレスが引き金になって、自律神経のバランスが乱れてメニエール病の症状を引き起こすと考えられます。

あなたを悩ますメニエール病は自律神経が引き金です

ユナイテッド治療院の治療方法を動画で紹介

先生におまかせして、メニエール病で苦しまなくなりました。

いろんな不調がありましたが、いちばんのつらさは、メニエル症が出た時、油汗が出、はってトイレに行き、入院したり点滴に通う日々でした。

まず、症状が出なくなった事と、日常普通の生活が出来ることは、すばらしい事だと感じています。

治療を続けていけば、他の病気もよせつけないという思いで、先生におまかせしております。

 

坂井 和子様 多摩市在住 70歳 女性 主婦

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

«
»