若年性更年期障害

更年期とは、『(さら)なる、代の時』という第2の人生の意味が込められています。

 

一般的に更年期障害は、女性の疾患として皆さんご存知ですね。

更年期障害障害の発症しやすい年齢は、45~55才といわれていますが、20代~30代の女性でも更年期症状に悩む場合が近年多くなっています。

それが、若年性更年期障害といわれる疾患です。

あなたの症状をチェックしましょう!

  • 生理周期が不順で、生理痛もひどくなった
  • 頭痛だけでなく、胃も痛い
  • 長引く首や肩のコリがある
  • 休息しても疲れがとれない
  • わけもなく、のぼせやめまい、耳鳴りがする
  • 肌荒れが最近ひどく治らない
  • 抜け毛や白髪が多くなった
  • 今までより、便秘や下痢になりやすくなった
  • 目が疲れやすく、すぐ喉も渇く
  • なかなか寝付けず、途中でよく目を覚ます
  • 1日の中で、トイレに行く回数が12回以上はある
  • 体重の増加、減少が激しい
  • 食欲がなく、食べても美味しく感じない
  • 些細なことでもイライラする
  • 仕事や家事をする気力がなく、暇があれば横になる
  • 注意力や集中力がなく、物忘れも多い
  • 日常生活で笑うことが減った
  • 突然不安感が襲ってきて、落ち込むことが多くなった
  • 人と話すのが面倒で、大勢の人のいる所に行きたくない

さて、あなたは心あたりがある症状が、いくつありましたか?

もし、5つ以上当てはまるようでしたら、若年性更年期障害の疑いが高いです。

更年期障害が起きるのはホルモンバランスの乱れ

更年期の年齢である50才前後で、女性は閉経を迎える方が多いです。

 

閉経するということは、卵巣から卵胞(卵子のカプセル)が生み出されなくなり、受精・妊娠の為に子宮内膜を厚くする卵巣ホルモン(エストロゲン)の分泌が低下します。

 

また、卵子が卵胞から出て行くと、卵胞は卵巣内で黄体に変化し、黄体ホルモン(プロゲステロン)を分泌し、子宮内膜が崩れないように維持します。

そして、受精・妊娠しなかった場合、子宮内膜が剥がれ落ちるのが生理(月経)といわれるものです。

 

閉経とは、卵胞・卵子が生み出されなくなった卵巣の状態で、一時期の役目の終了となり、卵巣ホルモン(エストロゲン)、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が低下して、ころまで40年前後のホルモン環境が変わることで、自律神経に影響を与え様々な症状が発症しやすくなります。

 

では、閉経の年齢にはまだ早い女性が、なぜ更年期障害になるのでしょうか?

それには、いくつかの要因が考えられます。

  • 自律神経によるホルモンの分泌のコントロール
  • 卵巣ホルモンと黄体ホルモンの役割

若年性更年期障害を起こしやすい要因は?

  • 過度なダイエットを行った
  • 以前から生理不順だった(生理周期が長い)
  • 子宮内膜症を患ったことがある
  • 病気で卵巣を摘出した
  • 拒食症・過食症など摂食障害がある(あった)
  • ピルを長期間(6ヶ月以上)服用していた
  • 仕事や生活環境で過度なストレスを長期間受けている

若年性更年期障害で悩まれる方は、このような生殖器系のホルモンバランスが乱れる内的要因や外的要因があります。

 

そして、ホルモンバランスの乱れが、自律神経に影響して自律神経のバランスを狂わせて、自律神経に関わる不調を多く生み出してしまうのです。

あなたを悩ます若年性更年期障害は自律神経の乱れが引き金です。

ユナイテッド治療院の治療方法を動画で紹介

当院の施術を受けた患者様の声

患者様方の写真

更年期障害が早く成果がでてびっくりしました

更年期による頭痛、体の疲れ、怠るさ等 O脚(昔からの悩み)で来院しました。

通院して頭痛がなくなり、体の疲れや怠るさも改善されました。

骨盤のゆがみを治していただき、O脚も治りました。

日々の生活が楽になりました。こんなに早く成果がでてびっくりしました。体質が改善されたんだと実感しました。

 

I・Y様 多摩市在住 52才 女性

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

«
»