起立性調節障害

起立性調節障害

  • 1週間、学校を休んでしまいました。 ダルくて動けないし、フラフラするし、中学の時と比べてもひどいです。
  • 朝は血圧を上げる薬を飲んでも起きれません。毎日学校には遅刻です。 ちゃんと行けたのは二学期はまだ3日ぐらいしかありません。
  • 中3で今別室登校をしています。 私は起立性調整障害という病気で朝が起きれなく、中1のときは三時間目が始まる頃に遅刻して教室へ行っていました。
  • 実際朝起きるのが辛く、学校へ行くとなったら、頭痛、腹痛...と。 それで、母に言っても、「学校へ行きなさい」と言われ、毎日渋々学校へ行き、ひどい時では、登校中に吐き気に襲われ、帰ってくるときもあります。

こういった悩みを持たれているあなたは、根性がない訳でもなく、考えが甘い訳でもなく、ましてや人間として失格なんてことは、断じてありません。

 

起立性調節障害は、周りの人からは「怠け病」とか、なかなか理解されない場合もありますが、これは自律神経の乱れが引き起こす、自律神経失調症の一つであり、、れっきとした疾患です。

自律神経というのは、からだを動かす運動神経とは違って、意識せず自動的にからだをコントロールして、生命の維持を担うオートマチックな神経のことです。

 

コントロールの中心部は脳の中にあります。

温度や血圧、呼吸や心拍、消化やホルモン分泌など様々な情報をもとに脳で処理して自律神経に伝達します。

 

自律神経には2つの種類があって、交感神経と副交感神経といいます。

副交感神経という名前がついていても、交感神経のサブ的な立場ではありません。

相対する作用を持った神経と考えてください。

 

交感神経は、行動的な状態で優位になります。別名ファイト神経と呼ばれます。

副交感神経は、休息や食事などの際、優位になります。別名リラックス神経と呼ばれます。

 

この2つの神経は、シーソーのような関係で、1方が上がれば、1方が下がるという働きでバランスを取っています。

 

両方の神経が上がりっぱなし、または下がりっぱなしということはありません。

 

交感神経と副交感神経は、一日の中で波のように上がり下がりをバランスよく行うことで、日常生活を快適に過ごせるよう設定されています。

 

例えば、昼間の日中は仕事をしたり、動いたり行動的な時間が多いので、交感神経が優位に働いています。

日が沈んで次第に夜になるにつれて、交感神経は下がり始めて副交感神経が優位になってきます。

 

夕食を食べたり、入浴したり、テレビを見たりしている時は、副交感神経が優位になってリラックスして、1日の終わりとして就寝します。

 

また、副交感神経が優位の時にからだの回復機能・免疫力が働きます。

副交感神経が優位になる時間が少ないと、からだの回復が遅れたり免疫力が低下していきます。

 

副交感神経はからだの回復能力と関係が深く、それは質の良い充分な睡眠と関係しています。

 

このバランスが乱れる、多くは交感神経が優位になりっぱなしで過敏になってしまう時間が長いと、自律神経失調症となり、様々なからだの不調が現れてきます。

 

起立性調節障害は思秋期の特に女子に多い

起立性調節障害は思秋期の中学生や高校生の女子学生に多いのが特徴です。

 

日本の中学生の約10%が悩まれているという報告もあります。

 

起立性調節障害には、大症状と小症状に分類されて、医師が診断する際の基準となっています。

大症状とは?

  • 朝起きられない、立ちくらみやめまいがする
  • 立ちっぱなしでいると、気分が悪くなって倒れる場合がある
  • お風呂に入っているときに、気分が悪くなる
  • 嫌なことを見たり、聞いたりすると気分が悪くなる
  • あまり動かなくても、動悸や息切れを感じる
  • 目覚めや寝起きが悪く、午前中調子が悪い
  • 夜なかなか寝付けない、ぐっすり眠れない

小症状とは?

  • 顔色が悪い(青白い)ことが多い
  • あまり食欲がない、食べると気持ちが悪くなる
  • お腹が痛い時が多い(下痢など)
  • 疲れやすい
  • 頭痛がおきやすい
  • 車や電車、飛行機などで乗り物酔いをする

なぜ、自律神経が乱れると朝起きれない、疲れやすくなるのか?

自律神経が乱れるということは、交感神経が優位になっていて肉体的・精神的にリラックスできていない状態ということです。

 

夜になって、寝ようとしてもなかなか寝付くことができず、寝たなと思っても実は脳までグッスリ休むノンレム睡眠の状態になかなかなれず、夢をよく見るようなレム睡眠状態で、チョットしたことで目が覚めたりする浅い睡眠しかとれません。

 

また、そんな状態が続くと血流も悪くなり、血流が悪くなれば血液が運ぶ酸素の量も少なくなって、酸素を一番必要とする脳に影響が出てしまい、ホルモンのバランスなども乱れがちになって、動悸や貧血を招いたり、その他の症状が出てきても不思議ではなくなります。

 

全身的にも緊張状態がほぐれず、疲れた状態が改善していかないものです。

また、交感神経が優位の時は、血管も収縮して血流も悪くなって筋肉や内臓にも酸素不足が起こり、倦怠感や立ちくらみ、めまいなどを引き起こしやすくなるのです。

ユナイテッド治療院の施術&設備紹介

すっかり起立性調節障害が良くなりました。毎回通院が楽しみです!

病院で起立性調節障害と診断されました。

めまいや立ちくらみ、頭痛や味覚障害があり、朝起きれず学校へ行けなかったり、うつ状態になったりすることがありました。

悩んでいた症状は気がついたらすっかりなくなっていて、学校へも毎日楽しく行けています。

自律神経を測定→岩盤浴・鍼灸や整体・酸素ボックスと盛りだくさんな治療をしていただけます。

私は毎回ここへ来るのがとても楽しみになりました!

O.K様 多摩市在住 15歳 高校1年生

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

起立性調節障害の患者さんの自律神経データ事例

病院で「起立性調節障害」と診断された中学生の初診時の自律神経データです。

自律神経測定データを見ると、ミドリ線で表す平均数値が低く基礎体力や基礎代謝機能が低下し疲れが溜まっている状態でした。

 

気になる経絡(ツボの流れ)としては、肝経がやや興奮気味で、胆経がやや低下している点です。

 

肝経の自律神経の乱れでは関連症状として、

・筋肉のこりや痛みが腰や肋間・頚背部に出ます。

・不眠(寝不足)や寝つきが悪い。

・婦人科(月経)の異常などです。

 

胆経の自律神経の乱れでは関連症状として、

・めまい、立ちくらみ。

・目の疲れや衰え。

・筋肉の低下で足腰の衰えを感じる。などです。

 

患者さんの自覚症状と照らし合わせ治療経絡の優先順位を見極めながら、全体的な数値の底上げをしていくことが重要だと考え施術を行いました。

«
»