生理困難症

子宮内膜症とは

子宮内膜症は、子宮腔以外の場所で子宮内膜組織に似た組織(子宮内膜様組織)が発生し、痛みや不妊などを引き起こす疾患です。

 

この疾患で悩まされる年代は、20代~40代の女性で女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌量が多い性成熟期に好発します。

発症の割合は、生殖年齢女性の約10%にみられるようです。

発症のリスク要因は

  • 早い初経
  • 月経周期が短い
  • 加長・過多月経
  • 妊娠・分娩の回数が少ない
  • ゆえに、月経の回数が増える
  • エストロゲン分泌量の増加
  • 腹腔内への逆流月経血量の増加

☆エストロゲン分泌量の増加や腹腔内に逆流する月経血量の増加により、子宮内膜症の発症リスクは上昇します。

☆早い初経、月経周期の短縮、長い月経、多い月経血、妊娠・分娩回数が少ないなどが、リスク要因となります。

☆妊娠・出産期間中は黄体ホルモンが増加することによって、エストロゲン分泌が減少することから、妊娠・分娩回数が多いほどリスクは少なくなります。

☆社会的に初経の低年齢化、晩婚化、少子化が進んだ現代社会。MRIや腹腔鏡での診断能力も進み子宮内膜症の早期診断は増加傾向にあります。

子宮内膜症の症状と病態の関係は

1、月経痛:腹腔内の炎症により痛み成分のプロスタグランジンが多く分泌され、必要以上に子宮が収縮して痛みを生じます。

2、慢性骨盤痛:繰り返す炎症によって生じる癒着が科学的・機械的刺激となって、骨盤痛(下腹部痛、腰痛)を引き起こします。

3、性交痛・排便痛:子宮と直腸の間にあるくぼみ(ダグラス窩)での癒着によって、子宮と直腸が固定されて性交時や排便時にも痛みを生じます。

4、不妊:腹腔内の癒着が不妊の原因の一つと考えられます。

これまで一般的な不妊検査で原因不明だった女性に腹腔鏡検査を行うと、20%の女性に腹膜の病変が発見されました。

子宮内膜症の治療 (薬物療法と手術療法)

薬物療法

痛みに対する対症療法

非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)、漢方薬

ホルモン療法

第一選択:LEP(低用量ピル)、黄体ホルモン療法(ジェノゲスト)

第二選択:GnRHアルゴニスト、ダナゾール

黄体ホルモン療法(ジェノゲスト)

〇ジェノゲストは第4世代経口プロゲステロン製剤の1つで、黄体ホルモンとして広く使用されています。

〇プロゲステロン受容体の選択性が高く、強い子宮内膜増殖抑制作用を持ちます。

〇他のホルモン療法に比べて副作用が少なく、長期の投与が可能鳴な点で注目されています。

GnRHアルゴニスト(偽閉経療法)下垂体のdown regulationを利用

  • GnRHアルゴニストは、投与初期には下垂体におけるLH、FSHの分泌を促進する。
  • 長期間投与させるとゴナドトロピン分泌は低下し、卵巣からのエストロゲン分泌も低下する。
  • この偽閉経効果により、エストロゲン依存性に発育する子宮内膜症病巣の縮小を図る。
  • 副作用として、低エストロゲン状態による更年期障害様症状を引き起こす。
  • 6ヶ月以上の投与を続けると骨量の低下をきたすため、長期の治療は困難である。

手術療法

今後も妊娠・出産の希望をお持ちの場合

・腹膜病変・・・病巣焼灼、腹腔洗浄

・卵巣チョコレート嚢胞・・・嚢胞摘出術、片側付属器切除術など

・ダグラス窩閉塞・・・病巣除去、癒着剥離術

 

今後、妊娠・出産を希望されない場合

・単純子宮全摘出術

・両側付属器切除術

 

«
»