【動画】教えて、市ちゃん先生(気って本当にあるの?)

元気、病気、気合、強気、弱気、活気、勇気、やる気、など気に関する言葉は多いですね。

そんな目に見えない「気って、本当にあるのか?」って疑問に思う人も多いと思います。

 

確かに「気」は、目に見えないエネルギーのようなものですが、目に見えないけど確実に存在するものって社会には当たり前に存在しますよね。

例えば、携帯電話、テレビ、ラジオなどの電波。

ウィルスや細菌、原子や分子も肉眼では確認できませんね。

 

目にみえはしませんが、「気」を活用した人の動きや感覚の変化は、簡単に体験できる事ができます。

とても不思議かもしれませんが、生物には気が存在することがこんな実験で確実にわかるんです。

 

東洋医学の治療の根本は、「気・血・津液(しんえき)」ですが、2000年以上前から、東洋医学では「気」の存在を認識して、「気」の乱れ、不足、過剰が身体の不調を引き起こすとわかっていたんです。
その気の働きを理解して、治療に活かすのが東洋医学の治療家なんです。

 

人が生きてくには、「気」の存在を受け入れるか、否か。

「気」を活用するか否かで、人生の幸・不幸にも大いに関係してくるものだと私は思いますが、あなたはどうでしょうか?

 

«
»