冷え症

冷え症の原因

  • 冷たい飲食物ばかりとる
  • エアコンの効いた場所に長くいる
  • 運動不足で筋肉量が減っている
  • 睡眠不足
  • いつも薄着でいる
  • ストレスが多い
  • 入浴はシャワーばかりですませている
  • 解熱鎮痛薬の内服や湿布薬を多く使っている

現代人は大人も子供も冷えている

冷えは万病のもと・・・

冷えは、東洋医学では未病(病気の前段階)の1つとしてとらえられ、あらゆる不調や病気のきっかけと考えられています。

 

ここでいう”冷え”とは、冬に感じる寒さとはまったく違います。

気温や体感温度とは関係なく、からだが冷えて血行不良をお越している状態、いわば、からだの中に入り込んだ”冷たさ”のことです。

 

近年は、この考えが広く知られるようになり、冷えに対する対策が認識されるようになってきました。しかし、冷えに原因と思われる不調を抱える人は減ってはいないのが現実です。

 

むしろ、自覚症状の乏しい冷えが老若男女を問わず、多くの現代人に広がっているように感じられます。

なぜ、現代人は冷えているのでしょうか?

 

それは、冷えの原因にも上げたとおり、現代のライフスタイルが大いに関係しているといえるでしょう。

低体温の人が増えている

冷えと関連して、低体温の人が増えていると、多くの専門家が指摘しています。

 

低体温とは、平熱が36°C未満のことです。これは、体温調節をする自律神経のバランスが乱れて、体温の異常をきたしている状態です。

 

最近では、「平熱が36°C前後」という人が珍しくなくなりましたが、昭和30年代に発表された論文では、当時の日本人の平熱は平均約36.9°C!!だったそうです。

 

現代人の体温は、約50年余りで、約1°Cも下がってしまったことになります。

 

現代人の低体温には、運動不足による筋肉量の減少も関係しています。なぜなら筋肉はからだの熱産生の約3割を担っているからです。

 

筋肉が少ない=>熱が作れない=>低体温

 

という図式が出来上がってしまうのです。

冷えを放置するとどうなる?

その肩こりは冷えが原因かも

冷えがもたらす不調の代表的なものには、手足の冷感、貧血、頭痛、肩こり、腰痛、不眠、倦怠感、イライラ、肌荒れ、などがあります。

 

女性の場合は、月経痛、月経前症候群(PMS)、などの婦人科系疾患としてあらわれることが多いのも特徴です。

 

いわゆる自律神経失調症の症状と同じような症状です。

 

こういった症状は、必ずしも冷えの自覚を伴うものではないため、原因が冷えにあることに気づいていない人も多いです。

 

あなたは、心当たりがありませんか?

 

◎冷えは、うつ病の原因にもなります。

うつ病にも、冷えは関係していると考えられます。

 

ストレスで交感神経が緊張し続け、からだに冷えが生まれて体温が低下します。すると、冷えによる不調が新たなストレスとなります。

 

この、冷えとストレスの悪循環が長期化して、うつ病の原因の1つ、あるいは悪化の要因になってしまいます。

東洋医学で冷え症を考えると

東洋医学の考え方に、人の中に巡る「氣・血・津液(しんえき・水)」が不調になると、体調を崩す、病気になるという基本的な教えがあります。

 

氣・・・エネルギー

血・・・血液

津液・・・血以外の体液(リンパ液、滑液など)

 

冷え症の場合、からだ全体は冷たさを感じないのに、手、足、腰など特定の部分だけに冷えを感じます。

冷えの影響で、頭痛、肩こり、イライラ、月経痛、などさまざまな症状が伴ってきますが、これは氣の巡り、血の巡り、津液の巡りが悪いと東洋医学では考えます。

 

たとえば、

 

水毒・・・胃腸機能が低下して胃に消化液(津液)がたまることで起こる冷えをいいます。

 

瘀血(おけつ・・・血の通りが悪い、渋滞による冷えをいいます。

 

気逆(きぎゃく)・・・氣が逆流して上昇してしまうことによる冷えをいいます。

 

こういった原因を考えて、氣・血・津液の巡りを改善して、冷えを治療するのが東洋医学の考えです。

ユナイテッド治療院の治療方法を動画で紹介

当院は良導絡自律神経調整療法で冷え症を治療します

冷え症を良導絡で測定してみると

▲このデータの患者さんは、不妊治療でお越しになった30代女性の初期のデータのものですが、ご自身の自覚症状としては、肩こり(小学生時代から)、冷え症に困っていました。

 

このデータからは、

・小腸経(左の青矢印)の不調から、手足の冷え、頭痛・頭重、下腹部の異常感(冷感・下痢)などが示されていました。

 

・肝経(真ん中の青矢印)の不調から、目の疲れ、立ちくらみ、筋肉の低下、足腰の冷えなどが示されています。

 

・胆経(右の青矢印)の不調から、目の疲れ、立ちくらみ、筋肉の低下が示されていました。

 

肩こりに関するものとしては、

・肺経の不調から、肩・首すじのこり、のぼせ・汗ばみなどが示されています。

 

・膀胱経の不調からは、首すじから背中への痛み、腰痛、後頚部の痛みなどが示されていました。

 

良導絡自律神経療法をもっと、お知りになりたい方は、文字をクリックしてください。

不調の経絡(ツボの流れ)を調節します

人のからだには、経絡というツボでつながった通り道がありまして、その経絡を氣・血・津液が流れて臓腑に伝わると考えます。

 

良導絡自律神経調整療法では、調整する経絡を示されますので、調整する臓腑につながる経絡を利用します。

 

経絡は臓腑(臟=肝・心・脾・肺・腎・心包、腑=胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦)につながる12本と、からだの前面真ん中を通る任脈、からだの後面真ん中を通る特脈を中心に調整していきます。

 

施術でおこなう方法は、基本的には、はり・きゅうが中心となります。

 

また、冷え症は温めることが大切なので、ホットストーンもよく使います。

 

 

そして、施術効果を患者さんが帰宅されてからも持続させたい時には、「円皮鍼」という丸い絆創膏のような鍼をツボに数箇所貼って、お帰りいただきその後のからだの様子を伺います。

施術前に岩盤浴ベッド、施術後に酸素BOX

冷え症などの自律神経系の調整治療の場合には、施術前には「岩盤浴ベッド」でからだを温めてリラックスしてから、施術室にて、施術をしております。

岩盤の種類は、ラジウム、ゲルマニュウム、トルマリンの3種類でベッドの上には遠赤外線ドームによって、上下からからだの芯をあたためていきます。

 

一通りの施術が終了したら、最後に「酸素BOX」に約30分程度お入りいただいてます。(強制ではありません)

酸素BOXの効果としては、新陳代謝の向上があげられますので、冷え症などの体質改善を望まれる方には、非常によいものだと思っています。

 

酸素BOXの効果をもっと、お知りになりたいなら、文字をクリックしてしてください。

施術料金

«
»

同じ症状で悩むお客さまの声

生理痛も冷えも改善できました!

不妊、首から肩のお痛み、冷え、胃痛で来院しました。

治療して短期間で、生理痛がすごく楽になりました。冷えもどんどん気にならなくなり、治療後は首も胃もすっきり楽になります。

目のツボに針をしてもらうと視界が広がりすっきりしてびっくりしました。
顎関節症で口が開かないと伝えるとそのツボに針をしてくれて口の開きが良くなり嬉しかったです。

毎週治療してもらうのが楽しみになりました。

 

 

32歳  女性 会社員(web関連)

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

関連記事