成功のバイオリズム「超進化論」の著者、田中克成さんにお会いできました。

昨日、治療院のセミナーに参加して懇親会に出席したところ、主催者のM氏が

「もしかしたら、ゲストが来てくれます。」と言っていて誰かは分からなかったのですが、

懇親会を行っていて、途中でお越しになったのが、

成功のバイオリズム「超進化論」の著者である田中克成さん(通称かっちゃん)でした。

 

私は依然、治療院セミナー勉強会の主催者M氏から、「私が勧めるならこの1冊」ということで、成功のバイオリズム「超進化論」を購入して読んでいました。

 

かっちゃんは、事業の失敗から数年前自殺を行おうとします。

 

しかし、虫の知らせを感じたのか寸でのところでお母さんから電話があり、自殺を思い止まりその後、縁があって出版業界に転職します。

 

出版業界では、それこそ死に物狂いで仕事をこなし様々な成功者と出会うようになります。

 

そんな時、高取宗成氏と出会い、「この人の本を出版したい」という一念で自ら出版社を立ち上げました。

 

でも、新規の出版社が無名の著者の本を作っても、置いてくれる本屋さんや扱ってくれる問屋さんは難しく、販売するのは至難の業でした。

 

そして、かっちゃんは高取さんの「道に迷う若者へ」という本をリヤカーに積んで、日本全国手売りして回ろうと決心します。

 

それが3年半程前のことでした。

かっちゃんのブログ http://ameblo.jp/profilewriter/

 

先月の5月に47都道府県をすべて回り、全国リヤカー行脚は終了しました。

全国リヤカー行脚中にも様々な出会いがあり、講演依頼も数々あったそうです。

 

人が本当に惚れ込み、本気で継続すると、とんでもない偉業ができるものです。

 

そして、何事も本気で継続していると、化学反応的というか奇跡的というか理屈だけでは説明できない出来事がおきて、大きな力が加わり加速していくようです。

 

それが、成功のバイオリズム「超進化論」にも書かれています。

 

私も人生の節目節目に、偉大だなと思う方に出会ったり、お話を聞く機会がありました。

 

例えば、

新宿救護センター(日本駆け込み寺)の玄秀盛さん

DVや引きこもり、薬物中毒など様々な悩みに、民間団体として取り組み沢山の方々を救ってこられました。

 

比叡山延暦寺の故酒井大阿闍梨様

玄さんの師匠でもある、天台宗の生き仏とも言われた伝説的な大僧侶の方です。

酒井大阿闍梨様は、威厳とかオーラとか超越した超自然体なたたずまいが印象的でした。

 

「そわかの法則」で有名な作家・心学研究家の故小林正観さん

とっても不思議な方で、全国に沢山のファンがいて講演会は笑い声で包まれて、常に満員でした。

ものの見方道ということを提唱されていて、「見方道アドバイザー」という資格があり、私も以前参加して、「見方道アドバイザー」に登録されました。

 

こういう心に強く印象づけられた、出会って本当に嬉しく価値があったと思わせてくれる方々は、年商何十億、何百億とか、山の手に何十億の豪邸があるとか全然関係なくて、物欲とは無縁の幸福を教えてくれます。

 

昨日、出会った田中克成氏(かっちゃん)にも同じような感覚、においを感じました。

今は一部の人しか知られていないでしょうけど、いずれブレイクすると思います。

 

私も治療院を継続することで、出会った尊敬する方々に少し、1ミリずつでも近づける人生にしていきたいものです。

 

こういった出会いが、人の運気を上げるものなのでしょうね。

 

「運気も上がる治療院」と言われるようにしていきます。

 

«
»