わかりやすい東洋医学の心の働き

◎血脈と神志をつかさどる臓器です。

心には、血を全身に循環させるポンプのような役目と、精神や意識、思考をコントロールする2つの働きがあります。

 

血を全身に送るのは、心気の推動作用によるもので、この働きによって血の栄養分を、臓腑や組織に行き渡らせることができます。

 

西洋医学でいう心臓と同じような働きと思っていいですね。

 

また、神には5つの神(神・魄・魂・意・志)をまとめ、意識と精神をつかさどる神志が存在します。

 

そのため、心は精神や意識、思考をコントロールする働きをもっています。

心のおもな働き

心は、全身に血を循環させ、精神をつかさどり、コントロールします。

 

心の神志は五臓の神をまとめているため、各臓腑と精神的な連携をもっています。

 

また、脳と心の結びつきも深いとされています。

 

心の気は、小腸の消化吸収も補助しています。

 

◎血を全身に巡らせる作用

肝に貯蔵された血を、全身に循環させるポンプ機能があり、血の栄養分を身体のすみずみにまで送り出します。

 

◎精神をコントロールする作用

思考、記憶、意思など、人間の精神状態は心が統制しています。

 

心と脳、心と肝の精神的な結びつきは強いものといわれています。

心の変調による症状

血を循環させる心の機能が低下すると、身体のあちこちに血行障害を生じます。

 

なかでも顔は血管が多いため、症状があらわれやすく、健康なときの顔色はつややかで血色が良いのに対して、不調の時は青白く、唇は青紫色になります。

 

心は、血行障害を改善するために、あるいは心自体に生じた血の不足を解消するために、拍動を増すように働きかけます。

 

その結果、動悸や不整脈、胸の苦しみ、胸の痛みなどの不調を生じます。ほかにも貧血や手足の冷え、息切れ、脈の空虚などの変調もみられます。

まとめ

心は、喜びの感情と関わっているので、過剰な喜びは神志を緩ませて、精神を不安定にします。

 

心の、いわゆる心臓の血液のポンプ機能の考え方は、西洋医学の考え方と一緒ですが、東洋医学の独特な考え方が、精神的な面をコントロールしているということではないでしょうか?

 

現代医学的に考えれば、「心臓が精神をコントロールするわけないじゃないか!」と考えがちですが、

一般的社会でも、精神や心(こころ)のことをハートとか、♡印であらわし、左胸を指したり手を当てたりしますよね。

 

この考え方や行為は、日本だけのものではないと思います。

外国映画など見ていても、心臓=ハート=こころ(心)=精神(メンタル)を意味しているシーンは数多く見てきました。

 

こういったことからも、心(しん)は、精神的な面をコントロールする大元だという東洋医学の考え方は、間違いではないだろうとおもうのですが、いかがでしょうか?

«
»