自律神経セルフチェック

こんな症状はありませんか?

これらの症状は、自律神経失調症の人に多くみられる症状です。

赤色の症状の場合は、病院で一度検査してみることをオススメする症状です。

青色の症状の場合は、当院で改善が充分可能と思われる症状です。

 

▼からだの症状

◇ 頭痛がする。(長引いているなら病院で検査)

いつも耳鳴りがする。

よくめまいがする。

はなずまりがする。

胸がしめつけられる感じがある。

時々、動悸が激しくなる。

息がよく吸えない感じがする。

息切れしやすい。

のどがつまる感じがする。

食欲がない。

吐き気がある。吐いたりする。

胃の具合が悪く感じる。

よく下痢をする。

よく便秘をする。

お腹が張る、よくガスが出る。

肌が敏感で、肌荒れしやすい。

よく、蕁麻疹が出る。

からだのどこかにしびれや痛みがある。

手足が震えることがある。

肩や首がこっていると感じる。

乗り物に酔うようになった。

だるい・疲れやすい。

寝つきが悪い。

疲れがなかなかとれない。

季節の変わり目に体調をくずしやすい。

急にからだが熱くなったり、冷たくなったりする。

暑いのに汗をかかない。

 

生命の維持に関わりの深い、呼吸や心臓、脳の関連の症状の場合は、念のために病院での検査をオススメします。

とくに臓器や器官に異常がなければ安心しますし、投薬などに頼らない体質改善も可能な場合が多いです。

 

関連ページ 自律神経失調症良導絡自律神経調整療法

 

«
»