腐るのではなく、枯れる。

こちらの画像は何だと思いますか?

 

これ、実は自宅で採れたミカンなんです。

 

もちろん、最近収穫したものではありません。はっきりとは覚えていませんが5年位前だったと思います。

もちろん採れたては、食べることが出来ます。

スーパーなどで売っているミカンよりは小ぶりで、酸っぱいです。

 

このミカンは、生前父親が苗を買ってきて、自宅の庭に植えたものです。

何年位してからは忘れましたが、実を付けるようになりました。

 

手入れは、何もしてません。農薬も肥料も与えていません。

 

7年ほど前、「奇跡のリンゴ」という本を買いました。

青森のリンゴ農家、木村秋則さんの奥様への愛の思いで、リンゴ農家では非常識と言われる「無農薬リンゴ栽培」に掛けた壮絶な人生のお話です。

テレビではNHK「プロフェショナル仕事の流儀」で放送され、近年、阿部サダヲと菅野美穂さんが夫婦役で映画化もされました。

 

木村さんは無農薬リンゴ栽培を初めてから6年が経った頃、収入の無い貧困生活で家族に負担を強い、地元農家から変人扱いされて、ある晩近くの山で、自殺をしようとで出掛けます。

 

しかし、運がいいのか、悪いのか?いやきっと良かったんですね。

木にかけたロープが古くて、いざと決心した時に体重に耐えられず切れてしまいます。

 

そこで、気がついた光景が、山の自然でした。

そこには、農家で苦しむ害虫もなく、土も木も雑草も一緒になって存在し調和していました。

それがきっかけで、念願の無農薬リンゴ栽培は徐々に成功していくのですが、私はこの話を人の治療と置き換えていつも考えていました。

 

私は手にしたことがまだありませんが、木村さんの育てたリンゴはとっても活力を感じる味で、驚くことに腐らないそうです。

もちろん、防腐剤など使用しているわけではなく、時間が経つと枯れていくそうです。

 

リンゴもミカンも普通に販売しているものは、日にちが経てば腐敗して悪臭を放ってきますよね。

でも、木村さんのリンゴや私の自宅で採れたミカンは、時間が経つと腐らず枯れていくのです。

 

人は、病気になることがあります。

病院へ行けば、薬を処方されます。

商売で野菜や果物を育てる農家さんも、栽培効率の為に薬を使います。

薬を使うと、旬が過ぎると腐ります。腐らないように薬を使います。

 

人間社会も同じようなものだと感じることがあります。

薬を使うな!とは言いません。 最小限で済むように。いつまでも薬に頼らないようにすることが大事だと思います。

 

予防医学は健康保険で扱いません。したがって病院でもやりません。

免疫力や回復力の向上も病院ではやりません。

 

こういった分野は東洋医学が得意とする分野です。

「未病治」や「養生」などがこれに当たりますが、数千年前から受け継がれている思想・理念・手法です。

 

腐らないで、枯れていく人生を送りたい人のお役に立つように、そして自分もそうゆう人生を送るようにしていきます。

 

«
»